【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

フラワーアレンジを体験

本紙掲載日:2020-11-27
8面
真剣なまなざしで制作する北川小の児童
作り方を説明する岡田さん(左)

北川小・感性磨く「花育」−延岡

 フラワー装飾技能士でフラワーデザイナーの岡田博美さん=延岡市中川原町、岡田花店=が19日、同市の北川小学校(長友久満校長)で5、6年生52人を対象にフラワーアレンジメントの作り方を指導し、花の魅力や花のある生活の素晴らしさを伝えた。

 県花き生産者連合会などでつくる「みやざき花で彩る未来」推進協議会(会長・押川和範JA宮崎経済連園芸部長)が取り組む「花育」の一環で実施。花育は、世話や観賞を通して優しい心を育んだり、感性を磨いたりすることなどを目的としている。

 この日は、東臼杵地区花き振興会(児玉淳会長)の会員らも訪れ、子どもたちの制作活動をサポート。資材には、学校がある北川町の佐藤徳幸さんが育てたスイートピーをはじめ、ガーベラやカーネーションなど9種類を使用した。

 岡田さんは、お手本を見せながらバランスや輪郭の整え方、奥行きの表現の仕方などを丁寧に説明。児童はカットした花を一輪ずつスポンジに真剣な表情で挿し、約1時間かけてオリジナルの作品を完成させた。

 6年の妹尾美維南さんは「想像力が必要で難しかったけど、2年前に挑戦した時よりも上手にできたので、楽しかった。持って帰ったら家の玄関に飾りたい。それを見て家族が癒やされてくれるとうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top