【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

第10回青の国若山牧水短歌大会入選作品

本紙掲載日:2020-12-02
8面

【青の國短歌大賞】
◆最優秀賞
太陽の光を2キロ蓄えて完熟マンゴー東京へ発つ・宮崎県・宮崎市・吉川七菜子。

【一般の部・自由題】
◆最優秀賞
前穂高残雪を踏み下山して黒き顔にて見合ひをしたり・和歌山県・橋本市・千葉ひとみ。

◆優秀賞
九十七を九十四が看る重さプラチナ婚の祝ひうけれど・福岡県・北九州市・白石和子。

遠き日のハンカチ落としの忘れもの草生の上にふはりとありぬ・広島県・広島市・河野千代子。

◆優良賞
チンをして飲んだはずの牛乳が宇宙のはてのレンジの中に・宮崎県・日南市・宮田隆雄。

今日もまた君にもらった靴を履く悲しいときは下を向くから・東京都・練馬区・桐生莉緒。

輪のなかに阿蘇山入れて縄跳びをする少女たち声を発して・東京都。調布市・大林明◎(◎は彦の旧字)。

◆佳作
やよ、やあれ、やあれ、やんれさ、鯨捕る海の男の逸る声する宮城県・仙台市・阿部堅市。

吾は父母に似ているのかと尋ねらるイランの国境戦災孤児院・埼玉県・鴻巣市・渡邉照夫。

桐の花五月の空に匂ふ朝牧水の瞳に会ふ心地する・福井県・越前市・西村輝夫。

欲望の全てが揃うコンビニに置かれていない幸せを追う・大分県・大分市・岸本恵美。

全盲の少年彫りし作品はいま飛翔する鳥の自由を・福岡県・北九州市・笠原俊夫。

裏路地を通りすがりに覗く時いつも何かがふっと隠れる・愛媛県・松山市・園部淳。

六月のテッポウユリは諂わず驕らず立ちて吾を直視する・大阪府・池田市・中井久子。

初めてのウィッグは母を幾たびも三面鏡の前に座らす・富山県・射水市・浦上紀子。

スーパーのあさり元気に水吹けば磯の香のして夏を買ふなり・宮崎県・都城市・大川教子。

病室の母は廊下を歩く人に亡き子の名呼び手招きをする・山口県・岩国市・田中千佳子。

落ちてゐるゴムの手袋自動車がそば通るときぷるんと動く・山口県・岩国市・森田アヤ子。

おいしいと君がいふ酒「いもり谷」四合瓶買ひ棚に隠しぬ・大分県・大分市・加藤貞子。

青臭きにおいの肺に深く入りこの手に開く稲藁の束・東京都・練馬区・古川稚佳子。

五十本のコスモス植えしと言う翁に背中押されて蒔くミニレタス・和歌山県・串本町・南智世。

濃い緑を「メッチャみどり」と言いし子よ五月の山へいざや登らん・宮崎県・宮崎市・中村由美。

スイートコン収穫手伝いせし子らに鎌もて父は西瓜割りたり・宮崎県・宮崎市・岩切軍典。

紺碧をふたつの眼に閉じ込めて鳥がいま空をめくり始める・千葉県・千葉市・芍薬。

我が終点カーナビのごとたやすくは設定しかね還暦過ぎる・宮崎県・宮崎市・坂本一信。

父ちゃんの五度目の忌日にケーキ買うがんばってきた母と私は・広島県・広島市・紋子。

高窓を通り抜けたる夏の陽を『続氷点』の栞としたり・青森県・蓬田村・猫田馨。

【一般の部・題詠「光」】
◆最優秀賞
ドビュッシーかベートーヴェンか月光はギプスに滲みて橈骨を接ぐ・愛媛県・新居浜市・大賀康男。

◆優秀賞
並びたるトロ箱どれも食み出して王剣のごと太刀魚光る・宮崎県・延岡市・河野正。

蛍の光ながれてオランウータンはガラスの中の森に消えゆく・愛知県・名古屋市・清水良郎。

◆優良賞
道場にひびきて竹刀の音鳴れり踏み込みし児の足元光る・滋賀県・東近江市・井田寿一。

この夜の癌細胞との闘ひを託すふた粒手の上に光る・山口県・岩国市・森田アヤ子。

やわらかな陽光差し込む風呂に柚子浮かべ不随の妻を拭きやる・新潟県・新潟市・風間洋平。

◆佳作
君がいて光をくれるそれだけで一杯になるわたしの心・神奈川県・横浜市・杉山太郎。

ニンジンの微細な種を蒔いてゆく指のあひより光こぼすごと・宮城県・仙台市・畠山昭二。

徘徊する母を閉ぢ込め月光に背を押されて歩を運び来ぬ・愛知県・岡崎市・嶋田稔。

文庫本それだけ持って青春の光の中を歩く幸せ・千葉県・松戸市・堀卓。
アセチレンランプの光る露天市母とつないだ手のぬくもりよ・群馬県・藤岡市・千島宏明。

ぐい飲みに月の光を満たしつつ牧水を想い独酌をする・東京都・世田谷区・野上卓。
眠りつつ逝きたる夫よ早春の光り浴びつつわれを待ちいん・大分県・大分市・小野ひさえ。

全山が呼吸するがに点滅すわが故郷の蛍の光・宮崎県・宮崎市・戸澤等。
「あっあっ」とよちよち歩きの孫が指す道に木洩れ陽揺れて光りて・島根県・隠岐の島町・皸羹藥辧

背に沿ひて点々と青き紋光る鯛を捌きぬ春の厨に・宮崎県・宮崎市・甲斐嘉一郎。

献血へ若き漁の腕まくり鱗ひとつが手首に光る・三重県・志摩市・廣岡光行。
光あれ!君の頭上に常にあれぼくが照らしたものでなくとも・大阪府・大阪市・櫻井雅恵。

護摩燃ゆる炎の奥より吾を睨む眼光鋭き不動明王・愛知県・岡崎市・西村愛美。

悪玉のやうに光りてポスターのコロナウイルス撮られて貼らる・愛知県・稲沢市・丸山勝也。

一点に光を集め生まれたる最初の炎キャンプ始まる・群馬県・東吾妻町・金子歩美。

殺されると立てこもる母を説得し光寿苑から連れ帰りけり・山口県・光市・松本進。

大き目の青緑色に光りたり海持て生くる小さきメヒカリは・宮崎県・宮崎市・岩切喜久代。

干されたる手づくりマスク乾きゆく夏の光に殺菌されて・群馬県・沼田市・蝉山恵子。

路地裏の小さな窓にも迷わずに月の光は訪ねてくるよ・福岡県・北九州市・碧井文果。

光さがす梢のように手を伸ばし君にもらった本を抜き取る・宮崎県・宮崎市・宮本陽香。

【小学生の部】
◆最優秀賞
虫取りあみさっとかぶせてつかまえるトンボ一匹初めてさわる・椎葉村立椎葉小学校6年・工藤遥斗。

◆優秀賞
からあげにへべずしぼって食べてみる箸が止まらず笑顔止まらず・日向市立・富高小学校6年・馬場麻友佳。

春が来ていろんな先生入ってきたとくに元気なエバン先生・日向市立・財光寺南小学校6年・飛鳥井奏和。

◆優良賞
あたたかい光をあびてせのびするパンジーの花幸せな今・日之影町立・日之影小学校5年・甲斐葉愛。

ゆるさんぞぼくの大事なカステラを兄に食べられなみだ目になる・日向市立財光寺南小学校6年・金丸唯音。

風香る自然からのメッセージわらびは言うよ「とりに来いよ」と・日向市立・財光寺南小学校6年・西谷美月。

◆佳作
ドレミファソいろんな曲が生まれてる人の心をやさしくできる・日之影町立・日之影小学校6年・佐藤ひなた。

夕ご飯おいしい天ぷらうれしいなころもをかぶったふきのとうだよ・日之影町立・日之影小学校5年・岩本楓華。

こどもの日気持ちよさそうに泳いでるぼくもなりたいお空の鯉に・日之影町立・日之影小学校5年・飯干蔵人。

クワガワをよるのひかりに見つけたようでのつけねは黄色でおしゃれ・日向市立・寺迫小学校2年・黒木渉吾。

バッタくんビョーンビョンととおりすぎどこまでさんぽに出かけるのかな・日向市立・寺迫小学校2年・辻本爽祐。

やき肉のお肉のけむり出ているよにおいにつられてあつまるかぞく・日向市立・寺迫小学校2年・東千華。

かあさんとそうだんたのしいじかんだな図こうのじゅんびあす早くこい・日向市立・寺迫小学校2年・河野希空。

なつやすみうきわですいすいゆうらゆらなみがざぶんとわたしをはこぶ・日向市立・財光寺小学校1年・川畑春花。

妹と兄弟ゲンカはでにしてばあちゃん止めるがはんこうするぼく・日向市立・財光寺小学校6年・喜屋武頼仁。

夏休みコロナでどこにもいけないね今年のたびはきんじょのじんじゃ・日向市立・富高小学校2年・甲斐心乃美。

ひいばあちゃんそこにいるのに会えないよまどから見たら体そうしてた・日向市立・大王谷学園3年・遠山音羽。

梅干しが大好きだから作ったよ自粛期間はいい機会だな・日向市立・富高小学校6年・杉本彩月。

伊勢ケ浜砂浜全部キャンバスだ流木持ってさあ何描こう・日向市立・富高小学校6年・福森翠。

七夕にひいばあちゃんとさようなら空から見てねこれから先も・美郷町立・美郷南学園5年・前田紗良。

われわれは宇宙人だとしゃべるんだ真夏の暑い日扇風機の前・美郷町立・美郷南学園6年・園田新。

妹が大きい声で泣き出したでも原因はぼくだったみたい・日向市立・財光寺南小学校4年・永友海志。

すてきだなお姉さんが着るお洋服通り過ぎてくおしゃれな肩出し・日向市立・財光寺南小学校4年・酒井幸羽音。

お母さんに母の日あげたら花はいやおかしがいいと言われてしまった・日向市立・財光寺南小学校6年・程内リン。

ぼくのこえせんぷうきのまえおばけみたいかぜがひょうひょうたのしいおひる・日向市立・美々津小学校1年・藤間翼。

田んぼのね見回りぼくの仕事だよいねの成長毎日見てる・日向市立・美々津小学校3年・野別鵬磨。

【中学生の部】
◆最優秀賞
「君が嫌い」そう仮定すると矛盾する証明される素直な気持ち・宮崎県立・宮崎西高等学校付属中学校2年・川越優羽。

◆優秀賞
なぜだろうあなたの笑顔を見るだけで今日も私は最強になる・宮崎県立・宮崎西高等学校付属中学校2年・外山芽依。

ひさしぶり静かな牛舎に立ってみた昔は餌をよくあげていた・小林市立・紙屋中学校2年・楠元優太。

◆優良賞
始まるぞ校舎が僕に言ってくる以前と違う自分になろう・美郷町立・西郷中学校3年・今田歩夢。

クレヨンで画面いっぱい描いた夢どうしてだろう今は真っ白・宮崎市立・生目中学校3年・上田杏奈。

「行ってきます」言わずに玄関飛び出すも外まで聞こえる「気を付けて」の声・宮崎市立・生目中学校3年・福島妃夏。

◆佳作
墨ふいて一筆で描く水墨画一本の線は生きている・鵬翔中学校1年・今野遥。

見えぬ敵マスク欠かせぬ生活に今頃届くアベノマスクよ・鵬翔中学校1年・本村俊樹。

かぶと虫土にもぐって夏を待つ飛び立つ時をたくましく待つ・鵬翔中学校1年・中島竜真。

後輩を見て思い出す二年前合格通知を開けた瞬間・鵬翔中学校3年・山本怜奈。

あはははと笑う弟の声聞けばいつもと変わらぬ一日が来る・鵬翔中学校3年・中尾美優。

踏みしめる落ち葉の数と同じだけ君の名前を呼んでいいかな・鵬翔中学校3年・皸羆芭鼻

生きる意味いつ探しても見出だせずあると信じて今日を生きる・鵬翔中学校3年・郡咲輝。

「別にいい」背を向け隠す僕の傷心配してよ心の裏を・宮崎市立・生目台中学校2年・竹尾きら。

「コロナのせい」テストの順位落ちたのは自分のせいとみとめたくない・宮崎市立・生目台中学校2年・内田ささ。

新緑の中に聳えた我が母校閉校と聞き校歌口ずさむ・諸塚村立・諸塚中学校2年・甲斐花和。

澄みきった朝の空気を深く吸い学校に向けペダル踏みこむ・日向学院中学校2年・原幸海。

自粛中兄が初めてする料理一人暮らしの予行練習・日向学院中学校3年・松元葵。

夏休み僕の思いは加速する宿題よりもあの子のことだ・宮崎県立・宮崎西高等学校付属中学校1年・大木風和。

パチパチと飛び散る花火にてらされてかすかに明るむ君の横顔・宮崎県立・宮崎西高等学校付属中学校1年・鈴木瑠璃。

遅くに寝起きた午前七時半心と体を靴紐で結ぶ・宮崎県立・宮崎西高等学校付属中学校2年・上村大清。

車無い今日も仕事かお母さんエンジン音で目が覚める朝・延岡市立・北川中学校2年・上杉琉希也。

命とは儚いからこそ厳かで祖母の亡骸見て涙する・延岡市立・北川中学校3年・横山夕華。

ドキドキのセーラー服に身をつつみ中学校に入学したよ・美郷町立・西郷中学校1年・田村妃永。

画用紙を大きく広げ弟の一番小さい青いクレヨン・宮崎市立・生目中学校3年・吉野一花。

空の青山の緑の相性がどこにも負けない宮崎の里・宮崎市立・生目中学校3年・日盞亜

【高校生の部】
◆最優秀賞
表情をコロコロ変えるあの空は高校生の私みたいだ・宮崎県立・宮崎商業高等学校3年・宇津知紘。

◆優秀賞
去り際にサヨナラと背を向けた君僕はまたねと返事を返す・宮崎県立・富島高等学校定時制2年・阿部千年。

東京の兄待ちわびる夏休み大粒の笑顔はじける葡萄・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・清山功聖。

優良賞=
コロナ禍もどこ吹く風と路傍には三色染めてつつじ満開・都城東高等学校2年・吉住拓哉。

定時制いろんな人が学んでる一人一人が目標持って・宮崎県立・富島高等学校定時制2年・林田聖人。

風鈴と同じリズムでゆれる想い君を誘うか悩む夕暮れ・宮崎県立・宮崎北高等学校3年・重山香澄。

◆佳作
新しい道を自転車で漕いでいくこの感覚はまだ慣れないな・都城東高等学校1年・原見紗莉奈。

ピアノにはうそがつけない弾く者の心をよんで音にするから・都城東高等学校1年・諸留琉空。

落とし物持ち主であろうあの人はどこかで出会ったような気がする・宮崎県立・富島高等学校定時制1年・菊池佳英。

アルバイト毎日牧場ミルクやりお産もあって大変だなぁ・宮崎県立・富島高等学校定時制2年・川越莉凜華。

汗だくで必死に漕いだロードバイクやっとついたぜ広島県・宮崎県立・宮崎商業高等学校3年・一ノ鷽掲圭。

グラウンドに沢山並ぶ以た頭それでもわかるよあなたの姿・宮崎県立・宮崎商業高等学校3年・大島杏。

三時間かけて一枚布マスク一針一針母の手作り・宮崎県立・宮崎西高等学校2年・赤塚公太朗。

午後十時ノートに飛び乗るハエトリグモぼくを見つめるつぶらな瞳・宮崎県立・宮崎西高等学校2年・佐藤康晴。

「ベーコンを買ってきてって言ったよね」ごめんねちょっとはむかってみた・宮崎県立・宮崎西高等学校2年・睫郤。

寝ているとお腹の上に乗ってくる少し重たいうちの三毛猫・宮崎県立・高千穂高等学校1年・藤田大晃。

県またぎ離れた私の日常にいるはずのない君を探す・宮崎県立・高千穂高等学校1年・日皸稀。

五分だけそう言い仮眠とるけれど起きたらいつも日付が違う・宮崎県立・高千穂高等学校2年・佐藤颯樹。

明日言おうそう決めてから早一年彼の隣はもう空いていない・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・冨永美季。

数千回親に呼ばれた私の名君が言ったら名言みたい・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・上田遥可。

もう一度忘れられないあの味を再現不可なじっちゃんのカレー・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・野中裕介。

学校で隣のクラスの僕はただ君からしたら友達の友達・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・西森祐晴。

住む国の違いはやっぱり大きくて伝えられない500キロ先・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・眞武佑羽。

いきいきと恋愛相談する君に僕は静かにうなずくだけで・宮崎県立・宮崎大宮高等学校1年・飯干結子。

ゴロゴロと色とりどりの自然の味もりもり食べる夏野菜カレー・宮崎県立・日向工業高等学校3年・年森鴻佑。

からあげは母のいない日定番で幼い頃は父の手作り・宮崎県立・宮崎商業高等学校1年・甲斐ちひろ。

その他の記事/過去の記事
page-top