【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2週間で引き締めへ−新型コロナ知事が訴え

本紙掲載日:2020-12-03
3面
県民へ感染拡大防止を呼び掛ける河野知事(2日、県庁)

往来自粛、7日から適用

◆感染拡大−東京など6都道府県

 河野知事は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて会見。「強烈な第3波。年末年始を前に、この2週間で引き締めたい」と訴え、会食時も含めたマスク着用の徹底と感染が急拡大している東京、大阪など6都道府県への不要不急の往来自粛を呼び掛けた。また、感染が集中する宮崎市を新たな枠組みの感染警戒区域(オレンジ区域)に指定した。

 会見を前に第21回目となる県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。感染状況を踏まえた新たな対応方針を確認した。

 先月30日時点での直近1週間の人口10万人当たりの感染者数は6・9人。国分科会が示す六つの指標で県内は下から2番目のステージ2。感染拡大緊急警報を発令するステージ3相当には至っていない。

 一方、宮崎市・東諸県郡圏域を指標に照らすと、病床のひっ迫具合、療養者数など当てはまる5指標のうち、4指標でステージ3の目安を上回っている。

 このことからまずは、感染が集中する宮崎市での対策を強化。これまで、県内7圏域ごとに感染状況で緑、黄、赤で示してきた区分を一部変更。特に感染が急増する市町村単位で指定できる「オレンジ(感染警戒)区域」を追加し、2日から宮崎市を指定した。

 オレンジ区域では、感染リスクが高い会食に注目。イベントでの会食を制限し、GoToEatキャンペーンでの人数制限(4人単位以下)を実施する。効果が少ない場合には会食は2時間以内や4人以下、飲食店への営業時間短縮や休業などの要請を判断する。

 県民全体へは、直近1週間の感染者数15人を目安に北海道、東京都、大阪府、愛知・兵庫・沖縄県との不要不急の往来自粛を要請する。

 いずれも準備、周知期間を考慮し、7日から適用する。

 河野知事は「全県的な行動要請は経済的な影響が大きく、第2波とは広がり方が異なる。状況を見据え、次なる方策を打つ」と説明した。

 また、往来について「ビジネス目的はやむを得ない。不要不急の旅行、帰省は自粛をお願いしたい」。イベントについても、「イベント自体ではなく、その中の会食を制限するもの」。会食の際の「みやざきモデル」の徹底やガイドライン順守の取り組みを進めていくとした。

その他の記事/過去の記事
page-top