【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

鳥フル、防疫措置完了

本紙掲載日:2020-12-03
3面

日向市と都農町の養鶏場

 県は2日、日向市東郷町の養鶏場で飼育されているブロイラーから検出された鳥インフルエンザウイルスが、高病原性の「H5N8亜型」と確認されたと発表した。

 同ウイルスは11月30日午後に検出され、翌12月1日未明に宮崎家畜保健衛生所のPCR検査で遺伝子が高病原性の「H5亜型」と判明。さらに国立農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門で詳細検査を行った結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜と確定された。

 同養鶏場と都農町川北の養鶏場の防疫措置は同日午後3時30分までに完了。日向市の養鶏場では殺処分した約4万羽の埋却を1日夜、都農町側も約3万羽の埋却を2日朝に終え、その後も鶏ふんの処分や敷地内の徹底した清掃・消毒に当たった。

 日向市の養鶏場は問題がなければ、防疫措置完了から10日経過後の13日に半径3〜10キロ以内の搬出制限区域を解除。3キロ以内の移動制限区域についてもほかの養鶏場がないため、21日経過後の24日午前0時に全ての制限区域が解除される見通し。

 都農町側は移動制限区域内に複数の養鶏場があるため、13日から清浄性確認検査を開始。異常がなければ17日に搬出制限区域、24日に移動制限区域内が解除されることとなる。

 一方、制限区域が解除されるまでは、区域内に通じる道路に消毒ポイントを設置。出入り業者を主対象とした車両消毒を継続する。

その他の記事/過去の記事
page-top