【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

収穫に感謝、来る年の無事祈る

本紙掲載日:2020-12-03
8面
規模を縮小して開かれた熊野神社の秋季大祭
大祭に合わせて建てられるのが恒例となっている組み立て式のご神灯。大みそかから年始にかけては明かりがともされるという

熊野神社−延岡市川原崎町

◆規模縮小して秋季大祭

 延岡市川原崎町の熊野神社で11月23日、秋季大祭があった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して開催。地元の人ら約20人が参列し、秋の実りへの感謝と来る一年の無事を祈った。

 秋季大祭は毎年、「勤労感謝の日」の11月23日に開いている。神事を前に、「川原崎土地共有」の会長吉田量基さん(73)は「(コロナ禍で)中止した方がいいのではないかという意見もあったが、こういう時期だからこそと開催を決めた。今年は米の収穫量も思わしくなかったが、祭りを境に明るく、そしてみんなが集う神社づくりができれば」とあいさつ。

 続いて、今山八幡宮の木村速穂禰宜(ねぎ)を斎主に神事があり、参列者がそれぞれ玉串をささげ、神前に手を合わせた。

 同町には熊野神社のほか、昭和町との境にあって「じっそうさん」として親しまれている疫病予防の神様「地創法院疫神之宮」、地元の女性たちよって大切に守られている「川原崎大師堂」もあり、それぞれ年に1回ずつ祭りが開かれている。

 参列者の一人、福田毅さん(85)は「子どもの頃、祭りの前には1軒1軒回って『あぶら銭』という小遣いをもらい、お菓子などを買って供えたり、掃除をしたりした」と懐かしみ、「祭りの規模は小さくなってきているが、ずっと続けないといけない」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top