【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

5Gで交流授業−椎葉村と宮崎市の6小学校

本紙掲載日:2021-02-22
3面
ローカル5Gを活用したオンライン授業
タブレット端末で各小学校の発表を見る児童

ローカル基地局を整備し実証実験

 椎葉村で19日、最先端通信技術「ローカル5G」を使用したオンライン交流授業があった。地域交流拠点施設Katerie(かてりえ)」と村内五つの小学校、宮崎市の宮崎大学教育学部付属小学校をつなぎ、タブレットなどの画面を通して学習発表を行った。県の委託事業であるローカル5Gを活用した地域課題解決実証事業の一環。これほどの広域で、しかも教育分野で活用するのは全国的にも珍しいという。

 村では、昨年7月から同事業に取り組んでいる。11月には、既存のWi−Fi(ワイファイ)に加えて4Gの環境を整え、村内の小学校間での遠隔授業を実施。今回はさらに、ローカル5Gの環境を構築し、より広域でのオンライン授業を試みた。

 この日は、ローカル5Gの基地局が整備された「かてりえ」と4G環境の椎葉小、松尾小、尾向小、すでにワイファイを整備している不土野小、大河内小、宮大付属小を接続。タブレット端末やスマートフォンを通して、宮崎市の魅力や椎葉村の伝統、各学校の取り組みなどを発表し合った。

 途中、画面上の動きが止まったり、音声と画像にずれが生じる場面もあったが、途切れや遅延など大きな支障はなく、スムーズなやりとりが取り交わされていた。

 「かてりえ」のローカル5G環境下でオンライン授業を行った椎葉小6年の那須愛果里さん(12)は、「オンラインで不自由さは感じなかった。椎葉だけでなく、宮崎市のみんなとも意見交換ができて楽しかった」と話した。

 村教育委員会の河野和弘指導主事は「既存のワイファイではできなかった活動が5Gでは可能になる。オンラインでの交流をはじめ、物理的距離の課題を解決する取り組みや可能性を探っていきたい」。

 県総合政策部先端ICT利活用担当の菊田智彦主査は「教育に限らず、産業や医療などさまざまな地域課題が解決、解消されるようローカル5Gなどを活用した取り組みを進めていきたい」と話した。

 ローカル5Gとは、携帯電話事業者による5G(第5世代移動通信システム)とは別に、自治体や企業などが独自に、5G技術を使ったネットワークを構築する仕組み。自らの建物や敷地内など局所的なエリアで、5Gの特徴である超高速、超低遅延、多数同時接続といった環境を利用可能にする。

その他の記事/過去の記事
page-top