【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

STOP!コロナ差別−31団体が共同宣言

本紙掲載日:2021-02-25
1面
宣言を読み上げる河野知事と各団体の代表者

感染などで誹謗中傷−県に相談

 新型コロナに関わる不当な差別などに対し、県内の関係31団体は24日、「STOP!コロナ差別」にオール宮崎で取り組むと共同宣言した。全体会議があり、事務局や参加団体が県内での具体的な事例を紹介。「人ではなくウイルスとの闘い。ウイルスと闘うすべての人に感謝とエールを送る」ことなどを確認し合った。

 宣言は感染者やその家族、医療従事者などへの不当な差別や誹謗(ひぼう)中傷をなくすのが目的。県は県庁に寄せられた新型コロナに関する人権相談の具体例を紹介した。

.▲僉璽箸暴擦鵑任い訖道劼感染し入院。回復し退院した際に自治会の役員からアパートのエレベーターを使用しないでほしいという申し出を受けた。

∋纏柄、県外との往来が必要な人の子どもが通う教育・保育施設から、通園を断られた。

I/紊簷務舒枉錣あり、PCR検査を受けた結果、陽性だった。会社に報告すると、上司からさまざまな非難の言葉を投げ掛けられた。せっかく勇気を出して検査を受けたのにとてもつらい思いをした。このようなことになるのなら検査を受けなければ良かった。

 渡邊浩司県総合政策部長は「これ以外にもさまざま相談が寄せられている。相談者に寄り添った対応を続け、人権侵害が起こらないよう引き続き啓発に努めたい」とした。

 医療従事者への不当な差別や誹謗中傷も例示された。県看護協会の中武郁子会長によると、同協会は今月、ホームページで匿名のアンケートを実施。これまでの聞き取りでは、挙がってこなかった看護職に対する人権侵害が明らかになったという。

 具体的には、/討病院で働いていることで子どもが「ばい菌を持ってくるな」と言われた地域の中で病院勤務が分かると「そばに寄らないで」というジェスチャーをされたG磴な先で「医療従事者が外出していいのか」と言われた─。

 これらは一部で、中武会長は「言葉にできないような事例もある。向き合うべき相手は人ではなくウイルス。正しい知識で冷静な行動を切にお願いしたい」と語った。

 県トラック協会の牧田信良会長は、同協会が推進する「シトラスリボン運動」を紹介。日隈俊郎県教育長は、学校での事例やその対応などを説明した。

 河野知事が共同宣言の項目−、「私たちは、感染した方々や、そのご家族などへの差別や誹謗中傷は絶対に許しません」「私たちは、最前線で治療や社会生活の維持にあたる医療従事者や関係者の方々に心から感謝し、エールを送ります」「私たちは、お互いを思いやる心と優しさを忘れずに、新型コロナウイルス禍の困難な状況を乗り越えていきます」−を読み上げた。

その他の記事/過去の記事
page-top