【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「お酒うれしい」男性3割

本紙掲載日:2019-02-07
3面

バレンタインデー、霧島酒造がネット調査

 霧島酒造(都城市)がバレンタインシーズンに向けて実施したインターネット調査で、「お酒」をプレゼントされてうれしい男性は約3割に上り、チョコレートとファッション小物に次いで3番目だった。同社は「お酒のポテンシャルは高そうです」と分析している。

 同調査は昨年12月27〜28日に関東、関西、九州に在住する20〜30代の男女1548人(各地域516人)にインターネットで実施した。

 男性がプレゼントされてうれしいものは「手作りチョコレート」が62・9%でトップ。次いで、「市販のチョコレート」50・8%、「ファッション小物(ハンカチ、財布など)」41・1%、「お酒類」32・4%となった。

 一方で、お酒をプレゼントしたことがある女性は約6人に1人の16・9%。その理由は「相手がお酒好きだったから」が最も多く、「相手が甘い物が苦手」などと続き、定番のチョコレートを避けたとみられるという。

 また、プレゼントしたお酒の種類は焼酎とワインが約3割で同率。地域別にみると、九州では「焼酎」が6割超と圧倒的に多く、関東では「ワイン」(41・9%)、関西では「日本酒」(40・0%)と地域差があった。

 女性が交際相手に求めるバレンタインデーの過ごし方は「家で過ごしたい」が62・9%で1位。その後は「外食をしたい」(48・1%)、「お酒を飲みたい」(22・1%)となった。男性も同じ順位だったが「お酒を飲みたい」は男性の方が約10ポイント高く、男女で差がみられる結果となった。

その他の記事/過去の記事
page-top