【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもとの意思疎通−講演など通し考え、学ぶ

本紙掲載日:2019-02-12
2面
親子のコミュニケーション方法などについて議論したパネルディスカッション(右から、横山裕准教授、田中陽子准教授、外山とも子さん)

延岡市PTA研究大会

 第23回延岡市PTA研究大会がこのほど同市の野口記念館であり、保護者ら約300人が講演やパネルディスカッションを通して子どもとのコミュニケーション方法などを考え、学んだ。同市PTA連絡協議会(清島貴光会長)主催。

 清島会長が「これからの子育てに使える内容もあるので最後まで聞いてほしい」とあいさつ。子育て・女性研究家の外山とも子さん(宮崎市)の講演「子どもの心の声を聴く〜コミュニケーションが育むもの〜」と、外山さんと九州保健福祉大学臨床福祉学科の田中陽子准教授、同科の横山裕准教授によるパネルディスカッションが行われた。

 パネルディスカッションでは、司会の清島会長が保護者らへのアンケートを基にパネリスト3人に質問した。

「子どもの様子が普段と違い、悩んでいるような場合にはどう声を掛ければいいか」という質問に、臨床心理士の田中准教授は、「どんな言葉でもいいので言葉を掛けてほしい。大事なのは声を掛けた後。表情が曇ったらやめ、柔らかくなったらその路線で話す。深追いせず、引くということもするのであればどんな声掛けをしてもいいと思う」と大人が焦らず怒らずに対応することの大切さを強調した。

 「子どもが学校に行きたくないと言ったら」の質問にスクールソーシャルワーカーを務める横山准教授は、「子どもがどのくらいの思いでそう言っているのかを判断しないといけない。普段と様子が違うことが明らかに分かった場合は専門家に相談してほしい。それ以外の場合も、まず親子で少し話をして、なぜ行きたくないかが分かった上で担任の先生にすぐ相談すると早期に解決できると思う」と話した。

 最後の「私たち保護者が今からでもできることは」という質問に対して外山さんは、「複雑な世の中になったが子育てはシンプル。子育ての情報がいっぱいあるが、『これだけは』ということをつかんで自信を持ってやってもらえればいい」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top