【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「みんなが支えてくれました」−桜ケ丘女性学級

本紙掲載日:2019-03-08
3面
平成30年度女性学級合同閉講式であいさつする三重野さん

三重野さんが勇退−発足から45年学級長などで尽くす

 みんなが支えてくれたから―。女性の能力向上と仲間づくりなどが目的の「桜ケ丘女性学級」(延岡市)が設立した昭和49年から所属し、長年学級長などを務めた三重野祠世子さん(75)が3月で引退する。立ち上げから45周年を契機に次代への交代を決意。市内で最も歴史のある同学級で過ごした日々に「一人では何もできなかった。素晴らしい人と出会え、素晴らしい人生を送らせてもらった」と感謝した。

 三重野さんは大分県出身。就職を機に延岡に移り住んだ。女性学級に入ったのは子育て真っ最中の30歳の時。地区の女性部に所属することが女性学級に入ることとイコールだった。

 当時は100人を超える〃マンモス学級〃で、視察研修は大型バス2台を貸し切るほど活発だった。そうした活動も時代の流れとともに変化。自主運営となったことで大掛かりな視察研修も実施が難しくなり、地区活動の多様化も相まって生徒数が減少していったという。

 市内には各地に女性学級があるが、最も歴史があるのが桜ケ丘。三重野さんは役員歴が通算29年。学級長、副学級長、会計を務めたが、学級長だった期間がほとんどだった。

 同学級のテーマは「人生は生涯学習―教えられたり、教えたり」。生徒が飽きないようプログラムを工夫し、バスを利用する際は地区の他の団体と連携するなどして学級を引っ張ってきた。

 引退を意識したのは5年前の40周年記念の時。学級長の交代を申し出たが決まらず、「もう少しだけ」と思いとどまり、1年、また1年と過ぎた。さすがに45年の節目を迎えるのを前に「私の代はもう終わりにしておきたかった」。体力の限界も感じて引退を決意した。

 三重野さんの心残りは後任が決まっていないこと。「見つけられなかったのは私の責任。区のみなさんにも苦労をかけている」と気に掛けつつ、「苦労はあったけど、素晴らしい人生だった。私一人では何もできず、皆さんの力をいただいて45年続けてこられた」と感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top