【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本城背景に三川内神楽

本紙掲載日:2019-04-11
7面
熊本城を背景に、祝詞(のっと)を舞う三川内神楽実行委員会(提供写真)
二番戸取を披露するメンバー

復興応援「九州がっ祭」に初参加

 学生ら若者が中心となり3年前から開いている熊本地震復興応援「九州がっ祭」が3月30、31日、熊本市の中心市街地であった。今回、延岡市の城山かぐらまつりを代表して三川内神楽祭り実行委員会(山本亮二会長)が初参加。熊本城を背景に神楽を披露した。

 九州がっ祭は平成28年4月に発生した熊本地震から1年後の29年3月、「つながろう九州!こころ一つに」をスローガンに初開催。以降、毎年3月に九州の祭りが大集合する形で開かれており、学生らが実行委員会を組織するのも特徴という。

 三川内神楽の県外公演は昨年10月の久米島=沖縄県に続き2回目。歌糸保存会の山本亮二さん、甲斐正人さん、渡邉健人さん、市尾内保存会の小野哲さん、川野正貴さん、大井保存会の渡邉良平さんの6人が参加した。

 小野さんは「熊本城をバックに神楽を舞うのは、感慨深いものがあった。熊本城はイベント中も工事の作業が続き、本当に復元できるのか、復興はほど遠いという印象を受けた。だが、学生のボランティアスタッフら若い人たちの熱い思いでつくり上げる祭りに参加し、復興への勢いを感じた。今回、神楽で少しでも力になれればと精いっぱい奉納し、今後も隣県宮崎からの支援を絶やしてはいけないと感じた」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top