【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

親子で学ぶ、食と農

本紙掲載日:2019-04-16
2面
新タマネギを収穫する子どもたち
ミニトマトの苗の植え付け方について説明を受ける参加者

JA延岡あぐりスクール開講

 食と農について親子で学ぶ「JA延岡あぐりスクール」の開講式が13日、延岡市祝子町のJA延岡地域農業振興支援センターであった。今年度は17家族40人が参加。12月までの8回、農業体験などを行う。

 式では、校長を務める山本照弘組合長が「食と農の大切さ、自然と命の尊さ、人と人とのつながりを一生懸命学んでほしい」とあいさつ。三輪純礼さん(伊形小5年)の号令で、参加した子どもたち全員が「あぐりスクール5つのお約束」を唱和、食べ物を大切にすることなどを誓った。

 初回のこの日は14家族34人が参加。農産園芸振興課の職員佐藤彰さんの指導で新タマネギの収穫を体験した。子どもたちは大きなタマネギに目を輝かせ、保護者が構えるスマートフォンの写真に収まりながら次々と収穫した。

 質問コーナーもあり、「なぜ黒いビニールをかけるのか」「タマネギと新タマネギの違いは」などの疑問に、佐藤さんが一つずつ丁寧に答えた。

 このほか、ミニトマトの苗の植え付け体験があり、日当たりのいいところに置くこと、毎日水をあげることなどのアドバイスを受け、苗を植えたプランターをそれぞれの家庭に持ち帰った。

その他の記事/過去の記事
page-top