【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

佐藤さん、奨励賞−甲斐さん、最優秀賞

本紙掲載日:2019-04-16
3面
意見を発表する佐藤さん
県北の入賞者。(右から)最優秀賞の佐藤さん、奨励賞の甲斐さん

県消防職員意見発表会−地元開催、西臼杵健闘

 県内10の消防本部・局の職員代表が意見を発表する「県消防職員意見発表会」が11日、高千穂町三田井のゆめゆめプラザTACであった。代表者11人が日ごろの業務を通して感じたことや取り組むべき課題、提案などを発表し、最優秀賞に西臼杵広域行政事務組合消防本部の佐藤良亮さん(29)が選ばれた。同本部職員の受賞は初。佐藤さんは26日に長崎県佐世保市である九州大会に県代表として出場する。

 発表会は、県消防長会が毎年主催しており今回が42回目。西臼杵郡では初開催。同会会長の杉村廣一宮崎市消防局長が「多様な意見が発表され、実効性のある提言は施策に反映するなど地域防災の推進や救命率の向上などにつながっている」。来賓で西臼杵広域行政事務組合管理者の甲斐宗之高千穂町長が「16日の意見が県消防職の発展につながる。練習の成果を存分に発揮してほしい」とあいさつした。

 県消防学校初任科生ら約100人が意見発表を聞いた。発表者は1人ずつ制限時間5分の中で堂々とスピーチ。このうち、最優秀賞の佐藤さんは「ハラスメント撲滅のために」と題して発表した。

 佐藤さんはパワハラやセクハラに対しての厚生労働省や法律による定義を紹介して「ポイントは受け手の捉え方でハラスメントかどうかが決まるということ。パワハラかそうでないかを分けるのは上司と部下の信頼関係」と強調。「トップだけでなく職員全員が意思を明確にする必要がある。16日ここで皆で宣言しましょう。ハラスメントをしない!させない!ゆるさない!」と力強い口調で語った。

 霤賃一高千穂町教育長ら6人が論旨の明確さ、発表態度や表現力などを審査した。最優秀賞の佐藤さんは「受賞できるとは思っていなかったので非常にうれしい。九州大会でも気負わず、しっかり思いを伝えられるよう頑張りたい」と話した。

 優秀賞は宮崎市消防局の田中雄大さん(23)、奨励賞は西臼杵広域行政事務組合消防本部の甲斐貴政さん(30)が受賞した。

その他の記事/過去の記事
page-top