【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

7月6〜9日に訪中−日中友好交流推進会

本紙掲載日:2019-04-17
7面
役員を紹介する佐藤会長(左)

大連岡田花店の開店祝い

 県北地区日中友好交流推進会(佐藤邦典会長)は14日、延岡市社会教育センターで総会を開いた。今年度の事業計画や予算、役員改選など6議案を審議し、原案通り承認した。

 主な今年度事業は、同市の友好都市中国大連金普新区との交流と、同区に進出する岡田花店(延岡市中川原町)の祝賀会開催。

 海外からの民泊と修学旅行の誘致に力を入れている市観光戦略課に協力するため、昨年度事業で、市の観光パンフレット(A4判8ページ)を中国語に翻訳済み。今年度はこれを印刷して、佐藤会長が金普新区に持参し、誘致活動をしたい考え。

 岡田花店は、延岡市と金普新区の友好都市締結(平成24年5月)を機に、同区への進出を決めた地元企業の第1号。現地スタッフが昨年3カ月間、延岡市で研修するなどして開店準備を進めていた。今月27日に「大連岡田花店」を開店予定という。推進会は7月6日から9日にかけて3泊4日で同区を訪れ、祝賀会を開く計画。民泊などの誘致活動もこの期間に行う予定。

 佐藤会長は「推進会としても念願だった友好都市への地元企業進出がかなう。岡田花店に続く企業が出るように活動していきたい」と話した。

 役員改選では、佐藤会長、河野正副会長、理事8人、監査役2人、顧問3人を再選。最高顧問に読谷山洋司市長が就任した。

 また、総会後に恒例としている講演会では、今春、日向中島鉄工所から社名変更した「MFEHIMUKA」の企画開発室長重黒木政治さんが「華麗衆クラブ」について説明した。同クラブは企業活動の第一線を離れた60歳以上の集まりで、それぞれの技術、知識を生かして地元中小企業を元気にしようと平成29年に発足した。

その他の記事/過去の記事
page-top