【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

皇太子ご夫妻へ−4月22日献上

本紙掲載日:2019-04-22
1面
皇太子ご夫妻へ献上するミカンの花と同じものを知事に届けた県SAP会議連合の人たち(4月22日午前、知事室)

県SAP会議連合−今年もミカンの花

 県内の若手農業者で組織する県SAP会議連合は4月22日午前、河野知事に季節を告げるミカンの花を届けた。午後にかけて上京し、皇太子ご夫妻に献上する。同連合の木下貴寛副理事長(31、美郷町)は「平成最後も、きれいな花が咲きました」と話していた。

 献上は、昭和37年に当時の皇太子ご夫妻が本県を訪ねられた際、生産者が贈ったミカンの花に深く興味を示されたのがきっかけ。その翌年から毎年、季節の便りとして届け続けてきた。

 木下副理事長らによると、農業の青年組織で、皇室とのつながりを持つのは本県SAPのみ。和歌山や愛媛などミカン生産が盛んな他県からうらやましがられているという。

 「ピカピカに磨き上げられている。宮崎の思いを届け、今後のSAP活動につなげてほしい」と語った河野知事は「来年からどうするのですか」と質問も。木下副理事長らは「要検討だが、ぜひ続けていきたい」と応えた。

 木下副理事長と、生産した串間市SAP会議の石上雄士さん(29)が上京。4月22日午後4時から、東宮御所で献上するという。

その他の記事/過去の記事
page-top