【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

戦没者鎮魂祭を継続

本紙掲載日:2019-05-08
7面
鎮魂碑に菊の花をささげ、手を合わせる出席者

延岡高校同窓会−248人の冥福祈る

 延岡高等学校同窓会(池上武博会長)は4月28日、延岡市古城町の延陵会館(同窓会館)駐車場にある鎮魂碑前で戦没者鎮魂祭を行った。太平洋戦争で亡くなった、同校の前身旧制延岡中学校の卒業者225人と延岡高等女学校の卒業者16人、教職員7人、合わせて248人の冥福を祈った。

 鎮魂祭は女学校を経営した内藤家の家紋「下がり藤」にちなみ、同校の同窓会藤蔭会が中心となって開いていた「藤の茶会」に合わせて実施してきた。茶会は2015年に15回で終えたが、その後、単独で続けており19回目。

 碑に向かって出席者全員で黙とうした後、池上会長(延岡高19回卒)は「平和に日常生活を送れるのも先輩方のおかげ」と感謝し、「同窓会としてこの鎮魂祭を続けていきたい」と話した。

 副会長で藤蔭会会長の寺原八千代さん(延女37回卒)が248人の名簿を奉呈。茶道裏千家の木村照美さん(恒富高7回卒)と延岡高校の現役の茶道部員が花束、酒、菓子、お茶を、出席者一人一人が菊の花をささげた。

 締めくくりに塩月眞さん(旧制延中45回卒)が、戦争の犠牲となった2人の辞世の歌を献詠した。出席者は頭を垂れて聞き入り、平和のありがたさをかみしめていた。

【辞世の歌】
▽錦(にしき)着て帰るこの身は散る桜今日見る父母の心嬉しき(旧制延岡中36回=1939年=卒、特攻第44振武隊長 甲斐玉樹)
▽雲染めて何処(いずこ)の空に果てむとも君を守りた天翔(あまか)けるらし(同回卒、首都防空戦闘隊長丁博)

その他の記事/過去の記事
page-top