【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡高校120周年

本紙掲載日:2019-05-11
1面
ちょうちんと、記念品のタオルを披露する池上会長(左)と中島司人実行委員長
和やかな雰囲気で話し合う、ちょうちん行列の実行委員会

18日、伝統のちょうちん行列−午後5時出発、市役所まで

◆一般参加を呼びかけ

 延岡高等学校同窓会(池上武博会長)は18日、母校の創立120周年を記念して、伝統のちょうちん行列を行う。在校生738人全員と教職員のほか卒業生約400人が参加予定。在校生の保護者、PTAのOB、地域の人、一般にも広く参加を呼び掛けている。

 前身校の旧制延岡中学校は、創立記念日の5月25日に運動会を開き、その夜にちょうちん行列を行っていた。1年生は入学後すぐに青龍(せいりゅう)、白虎(びゃっこ)、朱雀(すざく)、玄武(げんぶ)の4団に振り分けられ、卒業するまで所属団は替わらなかった。

 運動会が終わると、校庭で校長を中心に教職員、その周りに生徒が円陣を組んで会食。その後、全校生徒が竹ざおにちょうちんを下げ、優勝団を先頭に、団歌、校歌を歌いながら今山八幡まで歩き、万歳三唱するのが伝統だった。1959(昭和34)年、創立60周年を記念して約20年ぶりに復活。創立80年以降、10年の節目ごとに行っている。

 今回のコースは校庭−愛宕山大通り左折−タカオ眼科前通り右折−おがわ饅頭(まんじゅう)左折−大瀬橋−延岡市役所前。当日午後3時から校庭で参加者を受け付け、4時30分から出発式、5時出発。市役所到着は同7時ごろ。ただし在校生は大瀬川堤防までで折り返す。

 ちょうちんに入れる明かりは安全なLED。参加者には記念品としてマフラータオルを進呈する。

 池上会長(70)=延岡高19回卒=は「母校の伝統をわれわれの世代で絶やすわけにいかないという思いで企画した。在校生にもいい思い出になり、愛校心が生まれると思う。多くの人に参加してほしい」と話した。翌19日は、午前11時から母校体育館で、全体の同窓会「第65回園遊会」を開く。

 同校は1873(明治6)年、旧藩庁跡に開校した延岡社学(亮天社)を起源とし、99年、県立延岡中学校(旧制延岡中)として開校。1901年、亮天社付属女児教舎から私立延岡女学校(のちの県立延岡高等女学校)が開校。戦後の学制改革で男女共学となり、恒富高校、岡富高校が発足。岡富高校の恒富高校への併合を経て、昭和34年に現在名となった。

その他の記事/過去の記事
page-top