【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

茶摘みで世代間交流

本紙掲載日:2019-05-14
2面
茶畑で茶摘みを楽しむ北浦小の児童と北浦元気塾の塾生

小学生と高齢者が楽しく−延岡市北浦町

 日本の里百選に選ばれている延岡市北浦町地下(じげ)地区の茶山で10日、地元の北浦小学校(三輪正憲校長、128人)の3年生20人と住民運営型デイサービス「北浦元気塾」(河野奈美子代表)の塾生10人が茶摘みをして楽しく触れ合った。

 「八十八夜世代間交流事業」として、茶摘みの風情を味わってもらおうと毎年行っている。今年は八十八夜が大型連休の2日だったため、1週間遅らせて実施した。

 この日は、木下豊年さん(78)が茶園の一角を体験場所として提供。茶畑に入った児童は、木下さんに教わった通りの方法で茶摘みを実践し、塾生が「夏も近づく八十八夜〜」と口ずさむ中、遅い品種で黄緑色が鮮やかな「やまなみ」という品種を丁寧に摘み取った。

 摘んだ生葉を大釜で煎った後、竹で編んだザルを使っての茶もみも体験。ペットボトル茶の名前を出して「匂いが一緒だ」と喜ぶ児童も見られた。

 3年の瀧口佳澄さんは、「摘むのが楽しかった。将来はこの茶園で仕事がしたい」と笑顔。塾生の中西敏子さん(83)は、「子どもとの交流が一番楽しく、毎年楽しみにしている。一緒に歌いながら茶摘みができて本当に面白かった」と話していた。

 同校では、年間を通して世代間交流の体験プログラムを用意しているという。

その他の記事/過去の記事
page-top