【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

8月17日、ジョイントコンサート

本紙掲載日:2019-08-08
7面

延岡出身の音大生ら6人が演奏

 県北出身の音大生や若手演奏家による「第55回ジョイントコンサート」(同実行委員会主催)が17日午後6時30分から、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター小ホールで開かれる。

 日ごろの成果を地元で披露する場として毎年開かれており、今回は幸鈴果さん(ソプラノ)、河添真子さん(ピアノ)、岩崎南海さん(電子オルガン)、柴田桃子さん(トランペット)、福富奏子さん(ピアノ)、太田公美さん(サックス)の6人が出演する。いずれも同市出身。「まだまだ未熟な身ではありますが、先輩たちから引き継がれてきた55回という重みをしっかりと受け止め、日ごろ支えてくださる地元の皆さんに感謝しながら、心を込めて演奏します」と来場を呼び掛けている。

 幸さんはソプラノ独唱で「アン・シルヴィア」(シューベルト作曲)と「さくら横丁」(中田喜直作曲)を披露。ピアノ伴奏は山之口美玖さん=同市在住=。

 河添さんはピアノ独奏で「パルティータ6番」(バッハ作曲)、岩崎さんは電子オルガン独奏で交響詩「魔法使いの弟子」(ポール・デュカス作曲)。
柴田さんは、河添さんのピアノ伴奏で「スラブ幻想曲」(ヘーネ作曲)をトランペット独奏する。福富さんは「バラード第2番ロ短調」(リスト作曲)をピアノ独奏する。

 太田さんはサックス独奏で「ユー・レイズ・ミー・アップ」(石戸谷斉作曲)、プロヴァンスの1楽章より「若い娘たちのファランドール」(ポール・モーリス作曲)、「宝島」(福井健太作曲)を演奏する。ジャンベ伴奏は城市宗典(ひろのり)さん=大阪府在住=。

 出演者を代表し、河添さんは「今年は例年に比べ人数が少ないのですが、私たちの演奏を聞いて、音楽に興味を持ってくれる人が一人でも増えてくれればうれしいです。特に次の世代の中学生、高校生に聞いてもらい、後に続いてもらいたい」と話している。

 チケットは千円。当日も受け付ける。延岡総合文化センターなどで扱っている。

その他の記事/過去の記事
page-top