【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

虫とあそんだよ−おやこの森でイベント

本紙掲載日:2019-08-10
7面
安本さんが捕った虫をのぞく子どもたち
安本さんに教わりながら標本を作る子どもたち

〃虫博士〃安本さんが指導−延岡

 延岡子育て支援センターおやこの森(小澤のり子施設長)は1日、延岡市山月町の同施設で虫に触れるイベント「〜自然と環境を考えて〜虫とあそぼう」を開いた。市内外から訪れた小学生以下の子どもと保護者約70人が、〃虫博士〃として知られる宮崎昆虫同好会の安本潤一さん(66)=延岡市野田町=と一緒に、虫捕りや標本作りを楽しんだ。

 午前中は、市内の二つの保育園の園児ら約40人が虫捕り網と籠を持って集合。安本さんから簡単に説明を受けた後、施設の裏山で虫を探した。安本さんが前日に、虫を誘うために設置したというバナナとイースト菌を混ぜてつり下げたものにはたくさんの虫が集まり、子どもたちは目を輝かせながら、捕まえようと網を頻繁に動かしていた。

 午後からは事前に申し込んでいた親子ら約30人が標本作りに挑戦。安本さんに教わりながら左右がそろうように形を整えたり、まち針を刺したりして、約2時間かけて完成させた。

 この日使った昆虫は安本さんや友人が採取し、冷凍保存しておいたチョウやコガネムシなど合わせて約100匹。子どもたちはうれしそうに標本作りに取り組み、持ち帰った後の保存の仕方などの説明を真剣に聞いていた。

 標本作りに初めて参加したという土々呂小4年の西優虎(まさとら)さんは「針を刺していくことで標本ができていって楽しかった。帰ったら箱に入れて保存したい」と満足そうに話していた。

 施設長の小澤さんは「虫のことも子育ての一つ」と話す。安本さんとは、小澤さんの子どもたちが幼かった頃、虫が好きだと知った知人から紹介されて知り合ったという。おやこの森では、毎年この時期に安本さんの協力でイベントを開いている。

その他の記事/過去の記事
page-top