【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

観世音菩薩像を開帳

本紙掲載日:2019-08-12
8面
参拝者でにぎわう如意輪寺の本尊大縁日

如意輪寺で本尊大縁日−参拝者でにぎわう

 延岡市川島町の那智山如意輪寺(富山公瑞住職)で4日、本尊大縁日があった。年に1度、御本尊の如意輪観世音菩薩(ぼさつ)像が開帳される日に当たり、多くの参拝者でにぎわった。

 那智山川島御詠歌隊(高久米美代表)の皆さんが御詠歌を斉唱する中、公瑞住職と育學副住職が護摩法要を営み、御本尊の前で護摩木を焚(た)きながら地域の繁栄や参拝者の病気平癒、無病息災など所願成就を祈願。それぞれの願いがしたためられた護摩木を炎の中に投げ入れた。

 参拝者は、財布や衣類など身に着ける物を煙で清めてもらったり、体の痛い部分に煙を浴びたりして御本尊に手を合わせた。紅白餅や赤飯の接待もあり、喜ばれた。

 法要の締めくくりは育學副住職の法話。自身が続けているスポーツ指導の体験を通じたボランティアの心について話し、「ボランティアとは他人のために何かを行うこと。弘法大師は、『菩薩の心は慈悲深く、他の人の幸せを優先する』と紹介している。また、最澄さんは自分のことを忘れて他の人のために働きましょうという思いを『「忘己利他(もうこりた)』という言葉に込めている」とし、「見返りを求めるのでなく、他人の幸せを願う気持ちを持ち続けることで菩薩の心に近づけるのでは。ただ、やり過ぎて『もう懲りた』にならないように」などとユーモアを交えて語った。

その他の記事/過去の記事
page-top