【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

競射制し勝って終わる

本紙掲載日:2019-08-12
9面
新田との準決勝で弓を引く延岡学園の選手たち

第64回全国高校総合体育大会−インターハイ弓道

◆「支えてくれたみんなに感謝」

 「地元優勝」と「2連覇」の二つを目指してきた延岡学園。目標には届かなかったが、選手たちの表情は晴れやかだった。「3年間、仲間たちと力を合わせてやってきた。支えてくれたみんなに感謝したい」と黒木淳主将。全員が力を合わせた結果の銅メダルだった。

 5月の県高校総体は2位でインターハイ出場権を獲得。連覇を目指すチームにとっては、順位も試合内容も納得できるものではなかった。そこで選手が自分たちに課したのは弓道も生活面も徹底することだった。

 昨年の全国制覇も経験した3年の黒木、後藤大空、矢野敬人、岸本雄太は寮生活。ごみ拾いやあいさつを率先するなど自分たちを厳しく律し、空いた時間は4人で集まって上達するための方法を話し合った。

 それから2カ月。インターハイは予選を20本中15中で通過するなど上々の立ち上がり。決勝トーナメントの準々決勝は今大会の最多的中タイとなる18本的中させるほどの好調ぶりだった。

 目標が視界に入ってきた準決勝。いつも通り黒木主将がメンバーに声を掛けて気合を入れて射場に入ったが、様子が違った。競り合うように試合が進んだ結果、13―14。あと2本足りなかった。

 「勝ちを意識しすぎて自分たちの弓道ができなかった」と黒木主将。きっちり反省した後の3・4位決定戦はサッカーのPK戦に当たる競射を制して、銅メダルを手にした。

 黒木主将は「3年生4人は一緒に地元で優勝しようと入学してきた。悔しい半面、みんなに感謝したい。メンバー、指導者、保護者に支えられてきた」とすがすがしい。日本一の目標は後輩たちに託した。

その他の記事/過去の記事
page-top