【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

国道388号−早期改良整備を

本紙掲載日:2019-08-19
3面
国道388号整備促進期成同盟会総会(美郷町)

沿線町村・期成同盟会が総会

◆門川町―椎葉村

 2019年度第27回「国道388号整備促進期成同盟会」の総会がこのほど、美郷町の西郷ニューホープセンターであった。「門川町―椎葉間の結ぶ重要な路線の整備促進を国交省などに提言する」など新年度事業案を承認。役員改選もあり、田中秀俊美郷町長を会長に選任した。会長は2年おきに門川、美郷の両町長が務めている。

 同会は、過疎化や山村、広域観光振興対策など、地域の発展に欠かせない重要な路線である388号の早期改良整備を目的に、門川町、美郷町、椎葉村の町村長や議会議員で構成されている。

 議会に先だち、会長の安田修門川町長があいさつ。「沿線自治体の観光産業の要であり、災害時の主要ルート、少子高齢化の中で自治体がどう生き残っていくか大きな核となるのが道路の整備です。厳しい財政状況の中ではあるが、重要性をご理解をいただき、ご協力ご支援いただきたい」と呼び掛けた。

 来賓紹介に続き、工事概要の説明があった。日向土木事務所の職員によると、19年度から着手された松瀬区間は未改良区間を含め5・8キロあり、そのうち3・9キロを松瀬工区として位置付け、優先的に整備に取り掛かっている。また、17年度から着手している舟方は、大規模な掘削を伴う工事に今年度着工し、年度内に完成するという。

 椎葉村大河内地区を管轄する西都土木事務所の職員は、08年から着手している矢立工区ついて、改良全長2千メートルで2車線幅員7メートルに拡幅する工事であると説明。今後も用地取得、予算確保に努めるという。

 議事では、18年度の事業経過報告、県知事や国交省九州地方整備局に対する要望など19年度事業計画を承認した。
新役員は次の通り。

会長=田中秀俊美郷町長▽副会長=安田修門川町長、椎葉晃充椎葉村長▽監事=内山田善信門川町議会議長、岡村正司椎葉村議会議長▽顧問=中村安男日向土木事務所長

その他の記事/過去の記事
page-top