【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

一流の演奏家から学ぶ

本紙掲載日:2019-08-20
2面
古澤巌さん(右)からレッスンを受ける受講者

石神山ミュージックキャンプ−日向

◆バイオリニスト古澤巌さんが指導

 日向市民と長年にわたり交流を深めているバイオリニスト古澤巌さん(60)が指導する恒例の音楽スクール「石神山ミュージックキャンプ」が20日から、同市の旧美々津小学校田の原分校で始まった。22日まで。同実行委員会、田の原「いきいき集落」運営委員会、日向・古澤巌の会、日向文化振興事業団主催。

 バイオリンやピアノなど楽器演奏のレベルアップ、テクニックの習得を、一流の演奏家から学ぶ貴重な機会として今年で8回目。音楽を通しての文化活動の活性化を図ることも目的にしている。

 今年は、県外を中心に幼稚園児から一般までの受講生13人と、聴講生12人が参加。初回から8回連続という受講生もいる。

 初日の20日は、午前9時30分から開校式があり、古澤さんは「今年もお互いにコミュニケーションを取りながら、音楽について考えられたらいい」と呼び掛けた。受講生らは市内のホテルに宿泊しながら、同分校でレッスンに励むという。

 例年、古澤さんや受講生らが楽しみにしているのが、昼食時に提供される地元田の原地区の食材を使った田舎料理。毎年、「みやざきの食と農を考える県民会議」認定の食育ティーチャー安藤るみ子さん(68)=同市東郷町寺迫=ら地元の人たちが手作りしており、あすは流しそうめんで交流を深めるという。

 最終日の22日午後1時30分からは、地元の人たちへの感謝を込め、受講生が学んだ成果を披露する「受講生発表会」、同3時からは古澤さんと受講生による「里山コンサート」を開く。いずれも入場無料。

その他の記事/過去の記事
page-top