【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

悲願のクイーンズ駅伝へ

本紙掲載日:2019-10-09
3面
クイーンズ駅伝出場を誓う宮崎銀行の選手たち

宮崎銀行女子、延岡合宿がスタート

 クイーンズ駅伝(第39回全日本実業団対抗、11月24日、宮城県で開催)の初出場を目指す宮崎銀行女子陸上部が、8日から延岡合宿をスタートさせた。20日に福岡県宗像市などで行われるその予選会・プリンセス駅伝突破へ延岡市内を疾走する。

◆予選突破誓う−本店で壮行会

 参加しているのは、黒木裕子主将ら選手全8人と西村功監督ら。延岡入り直後から、西階陸上競技場や旭化成陸上部グラウンド(中川原町)などを走る。

 延岡合宿は14日まで。15日からは宮崎市内で調整合宿を行い、18日に宗像市に入る予定。

 プリンセス駅伝は、宗像市を発着点とし福津市を折り返す6区間42・195キロのコースで行われ、上位14チームがクイーンズ駅伝の出場権を得る。同部は昨年、17位で惜しくも切符を逃している。

 悲願のクイーンズ駅伝への出場を懸けて予選会のプリンセス駅伝に出場する宮崎銀行女子陸上部の壮行会が8日、宮崎市の同行本店であった。平均年齢19・8歳の選手たちは「若さと元気を強み」(黒木主将)に、予選突破を誓った。

 同部は本格始動7年目。今年8月、エース格の後藤奈津子主将が引退し、全員が高卒4年目以下の若いチームに生まれ変わった。

 西村功監督によると、エースの引退を機に、「それぞれが個々のレベルアップをしなければと自覚を持ってくれた」。20歳の黒木主将を中心に、練習前に心身をリラックスさせる円陣を取り入れるなど工夫。この8月は、過去最高900キロを超える走り込みを行ったという。

 上位14チームが全日本の出場権を得るプリンセス駅伝へ西村監督は「全区間で力を出し切ることで、後藤の穴を埋めたい」。黒木主将は「ピンチをチャンスにと、8人全員で高め合う日々を過ごせた」。選手たちも「自信を持ってスタートラインに立ちたい」と抱負を語った。

 プリンセス駅伝当日は、過去最高の行員367人の大応援団がたすきリレーを後押しするという。

その他の記事/過去の記事
page-top