【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(5)−鈴木益子さん(74)日向市北町

本紙掲載日:2019-10-14
3面

令和元年度・第46回夕刊デイリー明るい社会賞

◆花壇の除草、黙々と

 「ただ、日向市のまちなかを少しでもきれいにしたいという思いだけです」。この20年間をそう言って振り返る。北町の自宅付近を通る県道土々呂日向線。仕事が休みの土・日曜日の朝の時間帯に、沿道約500メートル区間にある二十数カ所の花壇の除草作業を1人で黙々と続けている。

 約10年前には、JR日向市駅前のトライアル日向店南側にある長さ50メートル、幅1・5メートルの空き地に自ら花壇を整備。以来、自費で季節の花の苗を植栽したり、肥料やりや水やりを欠かさずに管理しており、今はニチニチソウ、松葉ボタン、コスモス、サルスベリなど20種の花が咲き誇っている。「『花に癒やされます』『いつも眺めていくとよ』など、そういう言葉が励みになりますね」と笑う。

 家業の損害保険代理店「WiLL(ウィル)総合保険」の専務や、県北地区納税貯蓄組合連合会女性部長などとして多忙な身だが、「除草や花壇づくりで汗をかくことがストレス発散になり、おかげで病気をしたことはありません」。趣味の詩吟とカラオケも息抜きという。

 「ボランティアはわざわざするものではなく、自分の時間が空いた時に自然体で取り組むもの。健康な限り、自分のペースで続けていきたい」と笑顔が弾けた。

(推薦者=石田千世美・北町1区区長、伊藤公博・北町1区副区長、内倉一範・北町1区民生委員児童委員)

その他の記事/過去の記事
page-top