【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡のイメージを和菓子に−大正大3年松本さん

本紙掲載日:2019-10-16
1面
延岡の神話と川をイメージした和菓子を製作した大正大学地域創生学部3年の松本さん

虎彦が協力、10月16日から販売

 「地域資源再考と新産業の創出」をテーマに延岡市で地域実習を行っている大正大学地域創生学部(東京都)3年の松本菜里沙さん(21)が、同市の神話と川をイメージした和菓子を考案し、製作した。製造に協力した幸町の風の菓子「虎彦」(上田耕市代表)で16日から販売する予定で、「ぜひ、若い人にも食べてほしい」と呼び掛けている。

 松本さんは1年時に続き2回目の延岡。前回は歴史や文化などを調査した上で、土産品の開発に取り組んだ。今回はその改良版の製作に挑戦。「延岡市と関わりが深いと感じた」という神話と川をイメージした水まんじゅうを考案した。

 あんは3色あり、いちご味のピンクはニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出会い、抹茶味の緑は豊かな自然、くり味の黄色は市民の温かさを表現。透き通る川の水面(みなも)になぞらえ、まんじゅうの上には透明のゼリーを敷き詰めた。

 デザインの検討や試食など試行錯誤を繰り返し、11日にはかっぽう着を身に着けて虎彦の工場で製作。三輪健二和菓子課長の指導を受けながら、あんをこねたり材料を混ぜたりして完成させた。

 販売を始める16日からは、松本さんが店頭で商品の説明や接客を行う。「お菓子を通して市民の方々にはさらに愛着を持ってもらい、市外の人にはもっと延岡に興味を持ってもらえたら」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top