【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

賞の人(7)−中岡智徳さん(88)日向市細島

本紙掲載日:2019-10-16
3面

令和元年度・第46回夕刊デイリー明るい社会賞

◆技術で史談会支える

 日向市男女共同参画社会づくり推進ルーム協議会「さんぴあ」会議室で、同市史談会が取り組む紙芝居「日知屋物語」の原画に向き合い、色鉛筆を握り黙々と着色する姿があった。

 同市細島で、時計店の2代目として、長年、時計と眼鏡の販売、修理を行ってきた。色を塗る作業も早くて正確。「さすがに時計技術者」と他の会員を驚かせる。

 「史談会の会員になるとは思ってもみなかった。児童らに模型作りを指導していた縁で、知り合いの会員に技術者の立場から史談会を手伝ってくれと請われ、気が付くと、いつの間にか会員になっていた」と振り返る。

 「木を削って飛行機の模型作りを始めたのは小学校3年生」と言い、以来、プラモデルやボトルシップなどに挑戦、20年ほど前から作品に番号を付すようになり、「次の作品が完成すれば232番を付す。小学校高学年のころには翼面荷重(航空機などの性能を示す翼の面積と重量の関係)を計算したりもした」という。

 「機械や武器、船や飛行機など、形のある物、実際に触れることのできる物を通して歴史を考え、学び、会員として活動していきたい。史談会の構想でもある、日知屋城復元ジオラマ作りに持てる力を発揮して貢献したい」と決意も新た。

(推薦者=柏田公和・日向市史談会会長、児玉憲幸・同副会長、今村桃代・同副会長)

その他の記事/過去の記事
page-top