【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

文化の秋到来−本や音楽と親しんだ一日

本紙掲載日:2019-10-29
6面

図書館まつりにぎわう−門川

 門川町立図書館(松田朝子館長)の第17回図書館まつりが26日、同町門川尾末の同館で開かれた。親子連れや子どもたちのグループ、町民らが大勢訪れ、多彩なイベントを楽しんだ。

 恒例のブックリサイクルコーナーは、古本を1人10冊まで持ち帰ることができるとあって、午前10時の開館とともに次々と来館者が立ち寄り、それぞれ好みの本を選んで持ち帰っていた。

 「おすすめの本&貸し出しランキング」「町内小中高等学校の読書活動」の展示もあり、来館者らが足を止め熱心に眺めた。

 同館などで活動しているボランティアグループの「くれよん」(和田徳子代表、16人)は、館内の「おはなし室」で大きな絵本を使って読み聞かせを行い、ハンドベル演奏も披露し喜ばれた。

 日向高校吹奏楽部(園田玉紀顧問、椎葉理恵副顧問、木津悠愛部長、19人)は、音楽劇「ごんぎつね」を含む3曲を演奏。第35回国民文化祭・みやざき2020と第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会のプレイベントとして、県立図書館が門川町立図書館で開いた「語り部スキルアップ講座」の受講生3人による朗読「神話の源流を語る会」もあった。

 同町のゆるキャラ「がわっぴー」と「びろっぴー」親子が登場して来館者との記念撮影に応じ、人気を博した。また、門川高校の生徒約20人が、ボランティアで参加し、まつり運営を裏から支えた。

 門川小3年の佐藤海斗さんは「楽しそうだったから初めて参加した。(子ども工作の)万華鏡がうまく作れてうれしかった。また参加したい」、同小2年の渦元理仁さんは「神話の読み聞かせが面白かった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top