【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

素晴らしい学校引き継ごう

本紙掲載日:2019-11-12
7面
児童を代表して創立記念の言葉を述べた山口凜子さん

延岡小130周年−全校児童参加し記念式典

 延岡市立延岡小学校(佐々木浩己校長、403人)の創立130周年記念式典が10日、大貫町の同校体育館であり、全校児童や保護者らが出席して節目を祝った。

 1889(明治22)年、本小路に開校。太平洋戦争中の大空襲による焼失や2度の移転を経て現在に至る。10月25日に創立130周年を迎えた。

 稲葉竜太PTA会長が「人間でいうと130歳。皆さんの頑張りと、卒業生や地域の皆さんのご協力でこの日を迎えることができました」と祝いの言葉。

 児童代表の山口凜子さん(6年)は「振り返ると素晴らしい歴史があり、歌人の若山牧水、空の先駆者後藤勇吉、柔道家の磯貝一など素晴らしい先輩がいます。これからもみんなで延岡小の伝統を引き継ぎ、素晴らしい学校にしていきましょう」と力強く述べた。

 佐々木校長は創立から現在までを記録したスライドを示しながら、同小の歩みを紹介。昔の児童の姿や校内の様子が映し出されると、現在の児童たちから驚きの声が上がった。佐々木校長は「夢や目標を持って努力し、将来、皆さんがふるさと延岡をもっと素晴らしいところにしてくれるとありがたい。そんな大人になれるようしっかり勉強していきましょう」と呼び掛けた。

◆「防災」テーマに記念講演

 記念講演では、延岡市消防本部に勤務したこともある新富町危機管理専門員の黒田修さんが「防災」をテーマに話した。県内に大きな被害をもたらす南海トラフ巨大地震が近い将来発生する可能性が大きいことから、東日本大震災の映像を見せて、発生した際の被害をイメージすること、まず自分の身を守るという意識を持つこと、避難場所や家族との連絡方法などを普段から想定しておくことの大切さを強調した。

 式典の後にはPTAによるバザーや餅つきを行い、秋の一日をお祝いムードで過ごした。記念事業では、校舎と延岡市街地を空から撮影した写真をあしらったクリアファイルを全児童に配布したほか、図書館にエアコン設置、全校児童分の非常用飲料水と食料の備蓄を行った。


体育館で行われた130周年記念式典。佐々木校長はスライドで学校の歴史を紹介しながらあいさつ

記念式典に出席した児童たち
その他の記事/過去の記事
page-top