【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

持続可能な林業に転換を

本紙掲載日:2019-11-22
3面
スマート林業の重要性を話した林野庁長官の本郷さん

本郷林野庁長官が講演−ひなた林業シンポ

 延岡市と県造林素材生産事業協同組合連合会が主催する「ひなたの林業シンポジウムinのべおか」は15日、同市のエンシティホテル延岡であった。小林市での勤務経験もある林野庁長官の本郷浩二さんが講演し、日本の林業を持続可能なものにしていくにはスマートな林業に転換しないといけないと主張。スギ素材生産28年連続日本一の宮崎県には「トップランナーとして頑張ってもらいたい」と期待した。

 本郷さんは熊本営林局小林営林署長、林野庁の森林整備部長や国有林野部長などを歴任し、今年7月から林野庁長官に就任。今回は「今、日本の林業がやらなければならないこと」と題して講演した。

 2015年の国連サミットで示された持続可能な世界を実現するための国際目標「SDGs」に、林業は目標15「陸上資源」に含まれていることを紹介。資源を循環させるために再造林を推進するが、全国の再造林率は36%(2017年)にとどまり、「植えられないのに切るべきではない」との声もあるという。

 本郷さんは意見に理解を示しつつも、人口が減り続ける山村の現状を考えると再造林を先延ばしにしても木を切り出すことが必要だという。「山に入るお金を大きくし、山村の経済を大きくし、人が住めるようにしていかないといけない」と述べた。

 持続可能性が決して高くない日本の林業は「野蛮」と強烈な言葉で表現し、「いずれは世界からレッテルが貼られるかもしれない」と危惧。持続可能なものにするには反対の「賢い(スマート)」林業に転換し、最新技術を取り入れて省力化、コスト削減などを図ることが重要という。「賢い林業になるように頑張っている。日本一の宮崎にはそのトップを走ってもらいたい」と呼び掛けた。

 その後は「みやざきの林業を持続・発展させるために」をテーマにパネルディスカッションがあり、全国素材生産業同業組合連合会会長の日眈〇囲困気鵑コーディネーターを務め、7人のパネリストが意見を述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top