【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最高賞の「長岡賞」に輝く

本紙掲載日:2019-11-25
3面
ヒトスジの想い
長岡賞を受賞した吉村さん(提供写真)

ニッコールフォトコンテスト

◆延岡市の吉村俊祐さん−「ヒトスジの想い」

 延岡市幸町の会社員・吉村俊祐さん(37)が18日、ニコンイメージングジャパンが主催する第67回ニッコールフォトコンテストで計4万1249点の中から最高賞である長岡賞を受賞した。

 コンテストにはモノクロームやカラーなど4部門があり、プロ・アマチュアを問わず国内の写真愛好家が応募。長岡賞は、各部門のニッコール大賞の中から選ばれた。

 受賞した吉村さんの「ヒトスジの想い」は、複数の写真の組み合わせ方でメッセージを表現する組写真。物思いにふける少女の流す涙と流れ星をハイライトで強調し、涙と流れ星がつながるような構図に仕上げた。

 作品は「鑑賞者の想像力をかき立てる」をテーマに制作。被写体の少女は娘で、泣いた瞬間を逃さないよう常にカメラを持って撮影し、流れ星はふたご座流星群が観測される時期に、市内の港から収めた。

 審査員からは、「映画監督としてヒット作をつくる新海誠さんの世界観をほうふつとさせる」「地球環境、政治、経済、社会を超越していく宇宙的、神秘的なイメージが魅力」などと講評されている。

 写真歴は約4年半。娘を撮るうちに夢中になり、にししなカメラ(大貫町、甲斐靖一社長)の写真教室に通い始めた。そこで風景や芸術など多様な分野があることを知り、没頭していったという。

 大切にしているのは「独自の視点」。水田に映った花火だけを切り取った作品などユニークな発想で制作に取り組み、昨年は同コンテストで特選、県内でも多くの賞を獲得している。

 今回の結果については「指導していただいている甲斐社長のおかげ」と感謝。今後は「(同コンテストへの)連続入賞を目指し、もっとレベルの高い写真展にも挑戦したい」と意気込んでいる。

 吉村さんは来月17日に東京都で行われる表彰式に出席。受賞作品写真展は、東京都(12月17〜28日)と大阪府(来年1月30日〜2月5日)で開かれる。

その他の記事/過去の記事
page-top