【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新スーパーカート、仲間入り

本紙掲載日:2019-11-27
1面
搬入された新客車(左)
大型クレーンで線路へと引き上げられる新しい客車

あまてらす鉄道、11月27日搬入−高千穂町

◆多くの観光客に対応−来春から運行

 2018年度に乗客者数が過去最多を記録した高千穂あまてらす鉄道(盪格孤Ъ卍后砲砲韻機⊃靴靴ぅ后璽僉璽ートの客車と交換用の新しい台車が搬入された。スーパーカートは空港などで荷物を運ぶトーイングトラクターを改良した車両で動力部分と客車部分がある。試験運転などを経て来春には、客車部分を1両から2両編成に増車して運行する予定。関係者は「今以上にお客さまに来ていただき、楽しんでもらいたい」と話している。

 同社は2010年度からスーパーカートを運行。熊本地震が発生した16年度以外は前年比で乗客者が増加しており、昨年度は過去最多の約5万2千人を記録した。

 ゴールデンウイークやお盆の時期など繁忙期には、増便しても乗ることができないほどの人気だった。今年度も昨年度を上回る乗客が訪れるとみており、同社はスーパーカートの客車を増やすことを決めた。

 新スーパーカートの客車はこれまで使っている車両と同じサイズ(長さ7メートル60センチ×幅1メートル55センチ)で30人乗り。外観もこれまでと同じにして統一感を出す。新スーパーカートは従来の油圧に加え、エアブレーキを搭載、ブレーキを強化した。費用は国の補助1000万円を含む2200万円。

 新客車は、製作した遊園器具製造メーカーのある徳島県からけさ運ばれた。同町三田井の高千穂建設会館駐車場からクレーンでつり上げて線路へと乗せ、現在動いているスーパーカートで引っ張って車庫に納車。町内の業者によってラッピング塗装された。また、この日は新しい台車に既存の客車が取り付けられた。

 同社は今後、これまでの2500佞茲蠻啜の未多い3500佞瞭偉麓屬眛各予定。試験運転や運転士の訓練などをした後、早ければ今年度末に稼働するという。

 同社の齊藤拓由専務は「無事、搬入できて良かった。繁忙期の時に乗れないお客さまがいたが、増結することで、今以上にお客さまに来ていただいて楽しんでいただければ」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top