【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伝えたい高千穂の食文化

本紙掲載日:2019-11-27
6面

食のコミュニティにぎわう−そばがき作りなど体験

◆「喰うちょくれ佐伯」も同時開催

 高千穂町の食文化伝承や6次産業化推進などを目的とするイベント「第5回食のコミュニティ&鬼八の蔵秋穫(しゅうかく)祭」が16日、同町三田井のがまだせ市場直売所鬼八の蔵で行われた。大分県佐伯市観光協会主催のイベント「味力(みりょく)全開!喰(く)うちょくれ佐伯」との同時開催で、町内外から訪れた人々が高千穂牛や佐伯の魚など多様な食を味わった。高千穂・食のコミュニティ実行委員会(佐藤孝子実行委員長)主催。

 会場には町内や佐伯市からの出店が並び、高千穂牛や町産の野菜、地鶏の炭火焼き、ヒラメの空揚げ、魚のすり身、佐伯の郷土料理ごまだしうどんなど海や山の幸を販売。幅広い世代の人が買い求め、テーブル席に座って太鼓や吹奏楽の演奏を鑑賞しながら味わった。

 また、餅つき、釜いり茶、こんにゃく作り、そばがき作り体験もあり、子どもを中心に、訪れた人が地元の人から丁寧に教わりながら体験した。

 高千穂町の大根と佐伯市のブリで作ったぶり大根や、ブリの刺し身の振る舞いなどもあり、列ができるなど会場は多くの人でにぎわった。

 佐藤実行委員長は「食文化を子どもたちへつなげようとやっている。これからも地道に続けて食文化を広げていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top