【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

楽しみながら意識高揚

本紙掲載日:2019-11-29
8面

延岡市防災フェスタ−多彩な体験、大人気

 第11回延岡市防災フェスタ(同実行委員会主催)が17日、同市野地町の市消防本部庁舎で行われ、大勢の家族連れなどでにぎわった。

 防災に関係する団体、機関などの連携強化や市民力を生かした防災力向上を目的に、毎年開かれている。今年も市自主防災組織連絡協議会や延岡市ボランティア協会、陸上自衛隊第43普通科連隊、国交省延岡河川国道事務所、宮崎地方気象台など民間や国、県、市の団体、機関が参加した。

 会場には市消防署、延岡警察署などの車両が展示され、子供たちに大人気。運転席に座り、保護者らがスマートフォンやカメラで写真や動画を撮影する光景があちこちで見られた。

 特に市消防署のはしご車体験搭乗は、開会時から抽選を待つ親子の行列ができるほどの人気ぶり。体験搭乗した同市大貫町の鶴羽廣高君(5)は「はしご車が好き。上まで上ったところがちょっと怖かった」と話した。

 文化財と防災についての講演会もあり、工学院大学客員教授の菅澤茂氏が「地域防災と文化財」について語った。菅澤氏は「消防隊が来るまでに5分、消火活動を始めるまでに10分かかる。20分でほぼ全焼するので、地域の人が初期消火をして消防隊につなぐことが大事」と強調。さらに、「人力には時間がかかるので、文化財にスプリンクラーなど自動システムの設置を検討する必要がある」と述べた。

 会場ではまた、防災クイズのコーナーや備蓄食品などの展示コーナーもあり、来場者の関心を集めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top