【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

残り6キロで断念−ハワイのモロカイ海峡

本紙掲載日:2019-11-30
3面

単独横断泳・挑んだ節政さん−延岡

 「結果だけで言うと悔しいが、限界までできて満足感がある」と話すのは、オープンウオータースイミング(OWS)競技者の節政健一さん(31)=延岡市出身・在住=。成功すれば日本人初となるアメリカハワイ州・モロカイ海峡(約42キロ)の単独横断泳に挑んだが、体調の悪化等で残り6キロでリタイア。達成はできなかった。

 OWSは、海や川など自然の中で行われる遠泳競技。モロカイ海峡は大きな波のうねりや強風があり、潮流も速いため競技者の間では超難関として知られる。挑戦は9月中旬に行われ、当日もスタートして約2時間後に気象が急変。「風速20メートル、波も5メートルぐらいあり、スコールが降ってきた」

 悪条件の中、泳ぎ続けたが、17時間を過ぎたぐらいで「意識が遠のき、視界が白くかすんできた」。命の危険を感じ、36キロ地点、17時間49分で断念を決めた。代償は大きく、「1カ月ぐらいは右肩が上がらず、味覚も感じなかった。今も右の握力は戻っていない」。

 それでも「『25メートルを泳ぎたい』と思っていた子どもの頃の気持ちを思い出し、水泳の楽しさを改めて感じることができた。今のところ海峡に挑戦する予定はないが、今後も水泳は続けていく」とすがすがしい表情だった。

その他の記事/過去の記事
page-top