【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

油流出−座学や実技

本紙掲載日:2019-12-05
3面
消防署員の手ほどきでロープワークを学ぶ連協会員

水質事故想定し訓練−五ケ瀬川水系水質汚濁防止連絡協議会

 油流出事故が発生した――と想定した水質事故対策訓練が3日、国土交通省延岡河川国道事務所で行われた。拡散防止など初動対応を学ぶ座学やロープワークなどの実技を行い、漏油事故発生後の迅速で的確な対処技術を習得した。

 五ケ瀬川流域の行政機関で組織する「五ケ瀬川水系水質汚濁防止連絡協議会」主催。連協事務局の国交省と県延岡土木事務所、西臼杵支庁、延岡保健所、高千穂保健所、東臼杵農林振興局、佐伯土木事務所、延岡市、佐伯市、日之影町、高千穂町、五ケ瀬町、熊本県高森町、山都町の職員約30人が参加した。

 協議会幹事長の安部剛同事務所副所長が「今年度は油流出などの水質事故が5件発生している。これから寒くなると油を使う機会が増え、流出事故が心配される。関係機関が連携し、被害の拡大防止に努め、良好な水質の保持に尽力してください」とあいさつ。

 この後、「事故や災害時における環境汚染とその対策」をテーマに座学があり、NPO法人自然エネルギー・環境協会の職員を講師に、拡散を防止し、被害を最小限にとどめる基本作業や手順、漏油事故の初動対応、乳化剤、分散剤など油処理剤使用時の注意事項、土のうを使用する農業用水路での対策、オイルフェンスの展張方法などの基礎・応用知識を学んだ。

 実習訓練では「絶縁油」「作動油」「機械油」など5種類の油の選別の仕方、資機材の使用実演を行い、延岡市消防署員の手ほどきで「止め結び」「巻き結び」「ひとえつなぎ」「もやい結び」「8の字結び」「本結び」など強固で外れにくいロープの結び方を学んだ。

 同協議会は、五ケ瀬川水系の水質汚濁防止などを目的に1974年に発足。宮崎、熊本、大分3県の2市5町1組合(8機関)、国(1機関)が会員となり、河川浄化活動や水質に関する情報交換などに努めている。

その他の記事/過去の記事
page-top