【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「クラシック音楽の裾野広げたい」

本紙掲載日:2020-01-11
7面
日向市公演を前に十屋市長を訪問した小森谷巧さん(右)と盒脅卍

小森谷さん(読売日響)、十屋市長に抱負

◆13日、日向市で室内楽コンサート

 日向市文化交流センターで13日に開かれる室内楽コンサート「HIMUKAChambermusicConcert2020」の出演者らが10日、同市役所に十屋幸平市長を訪ね、抱負を話した。

 訪問したのは、日本を代表するオーケストラの一つ、読売日本交響楽団のコンサートマスター小森谷巧さん、同コンサートの主催者で日向市財光寺出身の盒桐拡・ファインミューズ社長(神奈川県横浜市)、日向市文化振興事業団の大石真一事務局長ら。

 同公演は、クラシック音楽のコンサートを聴く機会の少ない地域の人や子どもたちに、第一線で活躍する音楽家の演奏に身近に触れてもらいたいと盒脅卍垢企画した。

 小森谷さんは「クラシック音楽の裾野を広げたい。来ていただいて空気感を間近で味わい、音楽を好きになっていただきたい」、盒脅卍垢蓮峺北の文化、芸術の水準を向上させたい。少しずつでも音楽を根付かせることができれば」と来場を呼び掛けた。

 十屋市長は「クラシックに触れる機会、なじみがないのが地方のネック」と話し、公演に期待を寄せた。

 コンサートには、小森谷さん(バイオリン)をはじめ、玉川克さん(チェロ)、吉岡次郎さん(フルート)、中ヒデヒトさん(クラリネット)、横山美里さん(ピアノ)が出演。ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」より「ワルツ」、ショパンの「バラード第1番」、ドビュッシーの「小組曲」、バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」より「プレリュード」など、クラシックを主体にジャズやタンゴも含めた10曲を演奏予定。

 午後2時開演(同1時30分開場)。すべて自由席。入場料は一般3000円、高校生以下1500円。未就学児は入場できない。チケットに関する問い合わせ先は同センター(電話日向54・6111)。

その他の記事/過去の記事
page-top