【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ソフトボールで交流

本紙掲載日:2020-01-17
2面
試合を終え、健闘をたたえ合う両チームの選手ら

日向市シルバー人材センター

◆会員チームが小学生に挑む

 日向市シルバー人材センター(尾光一理事長)は11日、同市お倉ケ浜総合公園に市内の小学生ソフトボールチームを招き、世代間交流ソフトボール大会を開いた。

 スポーツを通じて、地元の子どもたちとの交流を深めようと毎年開いており12回目。今年の対戦相手は塩見小学校2〜6年生でつくる塩見ファイターズの11人。対するシルバー人材センターの出場メンバーは11人。平均年齢73・5歳で、孫ほどの年齢差がある小学生チームに挑んだ。

 開会式で尾理事長は「地域や世代間の交流や触れ合いを目的にしており、これまでの対戦成績はシルバーチームの2勝9敗。けがのないように試合に励んでほしい」とあいさつ。選手を代表し、塩見ファイターズの松田友喜主将(塩見小6年)が、「ソフトボールを通じてコミュニケーションを取りながら大切な一日にしたい」と選手宣誓した。

 試合は点の取り合い。先行の塩見ファイターズは初回に打者11人を送り込む猛攻を見せて大量8点を先制すると、その後も着実に得点を重ねた。シルバーチームは二回と五回に2点ずつ返し、最終七回にも3点本塁打で粘りを見せたものの、7―19で敗れた。会場には両チームの家族や友人らも多数訪れて声援、ゲームを盛り上げた。

 試合終了後は同センター敷地内のシルバーワークプラザに移動し、表彰式も兼ねた交流会を開催。今年一年の安全祈願をした後、焼き肉や餅つき大会を開き、つきたての餅はぜんざいに入れておいしく食べた。

 塩見ファイターズのエースで本塁打を放った奈須絢音さん(12)=塩見小6年=は「シルバーチームの皆さんは、思ったより体が動いていてコミュニケーションも取れて良かった。小学校生活の良い思い出になった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top