【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

元気な地域を目指して

本紙掲載日:2020-02-04
2面
功労者表彰を受ける諸塚村の尾形さん

公民館活動の在り方探る−日向で県大会

 「人を元気に!地域を元気に!〜世代を越えた絆づくりを目指して〜」をテーマに、2019年度県公民館大会県北ブロック大会が1月25日、日向市文化交流センターで開かれた。

 主催は県公民館連合会(会長・黒木定藏西米良村長)。県内の公民館関係者約820人が一堂に会し、地域づくりや生涯学習の拠点としての公民館活動の在り方について考えた。

 開会のあいさつで、黒木会長は「日ごろから公民館活動を通じ、地域の活性化、創生、安全安心、コミュニティーの強化などを進めている。活発な公民館活動により、幸福の輪がさらに広がることに期待したい」とあいさつ。

 開催地として歓迎のあいさつに立った十屋幸平日向市長は、「関係者が一堂に会しての開催は意義深い。大会で感じたこと、学んだことをこれからの活動に生かすとともに交流、絆が深まることを期待したい」と述べた。

 続く表彰では、県北4人を含む11人に功労者表彰を、県北6公民館を含む23公民館に優良自治公民館報表彰を贈った。

 事例発表では、日向市鶴野内区長公民館長の寺田新一郎さんが「みんなでつみあげていく絆と伝統」、椎葉村松尾区長の椎葉治敏さんが「松尾公民館の取り組み〜松尾地区の活性化を目指して〜」と題し、それぞれの地域の現状や課題、取り組みなどを紹介した。

 講演もあり、宮崎ひでじビールの永野時彦社長が「地域資源を活(い)かしたチャレンジスピリッツ〜オールみやざきで世界に挑む〜」のテーマで話した。

 また、開会行事を前にしたアトラクションでは、富島高校郷土芸能部「やまび鼓」の生徒5人が和太鼓などを演奏、大会に花を添えた。

 表彰を受けた県北関係の個人、公民館は次の通り。

【功労者表彰】中野誠子(延岡市)霤槌法別臉酊)日睥Щ辧米院鉾形浩一(諸塚村)

【優良自治公民館報表彰】延岡市=伊達自治公民館「伊達公民館だより」▽日向市=長江公民館「長江区自治会・公民館報ちょうこう」、切島山一区自治公民館「切一ジャーナル」、幡浦公民館「広報幡浦」、広見公民館「広報ひろみ▽門川町=本町区自治公民館「本町いきいきだより」

その他の記事/過去の記事
page-top