【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎国際音楽祭、4月29日開幕

本紙掲載日:2020-03-16
6面

トーク交えた演奏会も

◆門川町でサテライト・コンサート

 第25回宮崎国際音楽祭が4月29日から5月17日まで、宮崎市船塚のメディキット県民文化センターを主会場に開かれる。新型コロナウイルスの影響が心配されるが、今月22日に関連事業として行われる予定だった「室内楽の花束」コンサートが中止となった他は、現在のところ変更はなく、チケットを販売中。プログラムを紹介する。

■メインプログラム
【演奏会1】5月1日午後7時、メディキット県民文化センター演劇ホール
エクスペリメンタル・コンサート
生誕250年「ベートーベンは生きている!?」
作曲家でピアニスト野平一郎の監修で、近現代の音楽を紹介するシリーズ。ベートーベンの生誕250周年に当たる今年は、ベートーベンに触発された現代の作曲家にスポットを当てる。難しいと思われがちな現代音楽を分かりやすく楽しめるよう、俳優としても活躍するピアニスト清塚信也も登場する。
野平一郎ピアノとコンピューターのための「ベートーベンの記憶」
マントヴァーニ弦楽四重奏曲第6番「ベートヴェニアーナ」
西村朗ベートーベンの八つの交響曲による小交響曲ほか
出演/野平一郎(指揮、ピアノ)、清塚信也(ピアノ)、仲井朋子(コンピューター)、桐朋学園オーケストラほか
チケット/S席5000円、A席4000円、B席3000円。U25割は全席種半額。親子割4500円。

【演奏会2】5月10日午後3時、メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
25周年記念「アイザック・スターンメモリアル・コンサート」
バイオリンの巨匠、故アイザック・スターンを招き1996年3月に始まったこの音楽祭が25周年を迎えることと、今年生誕100年となる同氏を顕彰する記念コンサート。
まな弟子ピンカス・ズーカーマン、指揮者として世界的に活躍する愛息マイケル、音楽祭の教育プログラムを経て世界に羽ばたく三浦文彰、スターンにその才能を見いだされたジャン・ワンらや国内トップクラスの演奏家で編成する宮崎国際音楽祭管弦楽団が出演、音楽祭とスターンの足跡を振り返る。曲目は調整中。
出演/ピンカス・ズーカーマン(バイオリン)、三浦文彰(同)、アマンダ・フォーサイス(チェロ)、ジャン・ワン(同)、マイケル・スターン(指揮)、宮崎国際音楽祭管弦楽団、薗田潤子(司会)ほか
チケット/S席9000円、A席7000円、B席5000円、C席3000円。U25割は全席種半額。親子割7500円。

【演奏会3】5月13日午後7時、メディキット県民文化センター演劇ホール
「レジェンドの響き」チョン・キョンファ至高のアンサンブル
第23回の同音楽祭に出演し、ブラームス「バイオリン協奏曲」で圧巻の演奏を披露したチョン・キョンファ。今回は「演奏会3」と「演奏会4」に出演する。「3」は、1990年にショパン国際ピアノ・コンクール最高位、チャイコフスキー国際コンクール銅賞、国際テレンス・ジャッド賞で世界に知られることとなったケヴィン・ケナー、スターンの薫陶を受けるジャン・ワンと共演する。
バッハ無伴奏バイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001
シューベルトバイオリンとピアノのためのソナチネ第1番ニ長調D384
ブラームスピアノ三重奏曲第1番ロ長調作品8
出演/チョン・キョンファ(バイオリン)、ジャン・ワン(チェロ)、ケヴィン・ケナー(ピアノ)
チケット/S席6000円、A席5000円、B席4000円。U25割は全席種半額。親子割5500円。

【演奏会4】5月16日午後3時、メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
「レジェンドの情熱空間」チョン・キョンファとオーケストラ
チョン・キョンファが2年ぶりに宮崎国際音楽祭管弦楽団と共演する。今年が没後100年のマックス・ブルッフを取り上げ、ロマン派バイオリン協奏曲の最高峰といわれる第1番を演奏する。
ベートーベン交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
ブルッフバイオリン協奏曲第1番ト短調作品26
出演/チョン・キョンファ(バイオリン)、広上淳一(指揮)、宮崎国際音楽祭管弦楽団
チケット/S席9000円、A席7000円、B席5000円、C席3000円。U25割は全席種半額。親子割7500円。

【演奏会5】5月17日午後3時、メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
プッチーニの世界「誰も寝てはならぬ」再び!
第20回の同音楽祭で絶賛を博した「トゥーランドット」に演出、照明効果を加えたセミ・ステージ形式(字幕付き)で再演する。トゥーランドット役はデンマークのソプラノ歌手、トリーネ・ムラ。県合唱連盟有志で構成された児童を含む100人超の合唱団も出演する。
プッチーニ歌劇「トゥーランドット」(全曲)
出演/トリーネ・ムラ(トゥーランドット)、福井敬(カラフ)、中村恵理(リュー)、伊藤純(ティムール)、迎肇聡(ピン)、清水徹太郎(パン)、二塚直紀(ポン)、清水光彦(アルトゥーム)、浅井隆仁(役人)、田岡弘毅(助演)、広上淳一(指揮)、宮崎国際音楽祭管弦楽団、同音楽祭合唱団
チケット/S席1万円、A席8000円、B席6000円、C席4000円。U25割は全席種半額。親子割8500円。

■スペシャルプログラム
【ストリート演奏会「響け歌声!橘通りから春の空へ」】4月29日、橘通交差点特設ステージ(時間未定)
「トゥーランドット」の名脇役、ピン・パン・ポンの3人が贈る男声アンサンブルによる楽しい歌のアラカルト。
出演/清水徹太郎(テノール)、二塚直紀(同)、迎肇聡(バリトン)、次郎丸智希(ピアノ)
チケット/無料。

【「Oh!My!クラシック」そうだったのか!!池上彰、その人と音楽】5月2日午後3時、メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
分かりやすいニュース解説で人気のジャーナリスト池上彰が愛する音楽を、生演奏とともに徹底解説。
出演/池上彰(トークゲスト)、松本明子(聞き手)、正戸里佳(バイオリン)ほか
チケット/全席指定、一般3000円、U25割1500円、親子割3500円。

【気軽にクラシック「500円コンサートの日」】5月3日、メディキット県民文化センター
。虻个里燭瓩硫山擴顱畍畫娃隠飴30分から演劇ホール⊃畫娚撻后璽僉璽灰鵐機璽函疇隠隠瓜30分からアイザックスターンホールパーカッション・スペース「宇宙の音、大地の声」=午後1時からイベントホールい澆笋兇スペシャルコーラス=同2時15分から演劇ホールテ善米鹵砲肇灰鵐機璽肇泪好拭璽此疇隠鎧30分からイベントホールΦ楮蟾餾櫺山攤廛献絅縫◆Εーケストラ=同4時45分からアイザックスターンホール仲道郁代ピアノ・リサイタル〜音楽における十字架=同6時から演劇ホール
チケット/各公演500円、フリーチケット(全7公演)2000円。

【「蘇(よみがえ)れピアソラ!」タンゴとクラシック新しき出会い】5月5日午後3時、メディキット県民文化センター演劇ホール
日本を代表するタンゴ奏者と国内トップの弦楽奏者が繰り広げる、タンゴとクラシックのエキサイティングな融合。
出演/徳永二男(バイオリン)、京谷弘司(バンドネオン)、淡路七穂子(ピアノ)、田辺和弘(ベース)、小島りち子(ボーカル)▽弦楽四重奏=盒僅袖(バイオリン)、三浦章宏(同)、鈴木康浩(ビオラ)、古川展生(チェロ)
チケット/S席4000円、A席3000円、B席2000円。U25割は全席種半額。親子割3500円。

【ポップス・オーケストラinみやざきMyBestSong〜忘れられない曲をオーケストラで】5月9日午後3時、メディキット県民文化センターアイザックスターンホール
「オーケストラで聞きたい、思い出の曲」をテーマに公募し、寄せられた曲とエピソードで構成する演奏会。
出演/下野竜也(指揮)、石田ひかり(司会、朗読)、宮崎国際音楽祭管弦楽団ほか
チケット/S席8000円、A席6000円、B席4000円、C席2000円。U25割は全席種半額。親子割6500円。

【三浦文彰の挑戦「バッハからガーシュインへ」】5月15日午後7時から、メディキット県民文化センター演劇ホール
アイザック・スターンが熱意を注いだ同音楽祭教育プログラムから巣立ち、世界的に活動する演奏家となった三浦文彰が、ジャズに挑戦。クラシックの垣根を越える新しい演奏会を試みる。
出演/三浦文彰(バイオリン)、ヨンソン(チェロ)ほか
チケット/S席4000円、A席3000円、B席2000円。U25割は全席種半額。親子割3500円。

■サテライト公演
【徳永二男とコンサートマスターズ】5月4日午後2時、門川町総合文化会館
徳永二男と、国内さまざまなオーケストラでコンサートマスターとして活躍する4人による愉快なバイオリンコンサート。濃密な音の対話は必聴。
出演/扇谷泰朋、盒僅袖、徳永二男、三浦章宏、水谷晃(以上バイオリン)、坂野伊都子(ピアノ)
チケット/一般2000円、U25割1000円。

【ライナー・キュッヒル「日本のこころ、そしてウィーンの薫り」】5月6日午後2時、西都市民会館
45年にわたりウィーン・フィルのコンサートマスターを務めたライナー・キュッヒルを中心に、ウィーン生まれでピアニストのステファン・シュトロイスニック、ソプラノの鷲尾麻衣、弦楽四重奏団が出演し、ウィーンの春を彩る名曲と心に染みる日本の歌を演奏する。
出演/ライナー・キュッヒル(バイオリン)、鷲尾麻衣(ソプラノ)、ステファン・シュトロイスニック(ピアノ)▽弦楽四重奏=礒絵里子(バイオリン)、小林美樹(同)、須田祥子(ビオラ)、上村文乃(チェロ)
チケット/一般2000円、U25割1000円。

◆チケットの取り扱い、問い合わせ先
メディキット県民文化センターチケットセンター(電話0985・28・7766)
※U25割は、鑑賞時25歳以下の人が対象。
※親子割は小中学生と一般計2人の料金(A席のみ)。
※演奏会1〜5の5公演またはスペシャルプログラム2公演を加えた7公演を割安で購入できるセット券「音楽切符」も販売されている。
▽演奏会1〜5、S席5枚つづり=3万2000円▽同A席5枚つづり=2万5000円。
▽演奏会1〜5、「蘇れピアソラ!」「三浦文彰の挑戦」のS席7枚つづり=3万8000円▽同A席7枚つづり=3万円。


その他の記事/過去の記事
page-top