【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県の当初予算案主な施策

本紙掲載日:2021-02-10
3面

観光誘客再生、農の物流改革新

◆教育相談体制推進、夢応援など

 河野知事は、10日公表された県の2021年度当初予算案について、直面する新型コロナウイルス感染症関連や防災減災対策に注力しつつ、そのほかの施策も必要な予算を確保して力強く取り組んでいく姿勢を示した。

 人口減少や担い手の確保・育成、暮らしと雇用など山積する課題に加え、新型コロナにより遅れが浮き彫りとなったデジタル化の推進といった社会変化への対応と、対策は多岐にわたる。

 部局ごとの主な施策は次の通り。

【総合政策部】持続可能な「新たな総合交通対策」の推進(予算額5億2900万円)=県民生活や経済活動を支える公共交通ネットワークの維持・充実を図るため、新たな総合交通対策に戦略的かつ集中的に取り組む。広域的バスは小型化などで路線を最適化し、長距離フェリーは下り荷確保や旅客利用を促進。航空便については、路線維持や空港ビルの利便性向上などを支援する。
▽移住者受入環境整備・情報発信強化事業(6700万円)=廃校をリモートワークの拠点とするなど、市町村が行う移住者向け空き家住宅改修補助を支援。移住を検討している都市部の人たちなどを対象に、本県での魅力的な暮らし方をパッケージ化して分かりやすく情報発信する。
▽プラスデジタル推進事業(7700万円)=先端ICT(情報通信技術)を活用した工場の生産性向上や、商店街での買い物を便利にする取り組みなどを支援。県内全域の中高生を対象にしたITプログラミング部創設などの人材育成や、県内企業とICT企業の協働によるビジネスモデルの創出支援などにも取り組む。

【福祉保健部】あったか「ひなた」不妊治療応援パッケージ=〃从囘負担に対する積極的支援⊆匆饒澗里捻援していく機運の醸成若年世代への早期啓発の推進ち蠱迷寮の充実ド塲ゼN鼎隼纏の両立のための職場環境整備―に一体的に取り組む。
不妊治療費等助成事業(2億9100万円)では夫婦いずれについても、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)費用助成の所得制限(現行は夫婦合算730万円未満)を撤廃。助成額は1回15万円を30万円に引き上げ、助成限度も現行の生涯通算6回から1子ごと6回まで(不妊治療での出生は回数リセット)とする。
不妊治療支援環境づくり事業(600万円)では、広く県民を対象にしたさまざまなメディア・手法による啓発を展開。健やか妊娠サポート事業(1400万円の内数)では、主に結婚前後の20〜30代を対象とした妊娠・不妊に関する啓発セミナーなどを実施する。

【環境森林部】森林経営管理市町村支援事業(2600万円)=放置状態にある森林の間伐などを市町村が仲介して認定林業者に委託し、山を守る森林経営管理制度を推進するため、「みやざき森林経営管理支援センター(仮称)」を創設。市町村を支援して、制度運営の円滑化を図る。
▽みやざき材販路拡大・競争力強化事業、同輸出拡大促進事業(計2700万円)=県外・海外の市場調査や展示会・セミナー開催などのプロモーション活動、PR効果の高い県外商業施設への県産材利用支援などに取り組む。

【商工観光労働部】みやざき観光誘客再生事業(1億8900万円)=新型コロナウイルスの感染拡大に伴い落ち込んだ観光需要を回復するため、国内外の交通機関や観光関連産業と連携し、本県の強みを生かした旅行商品の造成やプロモーションなどに取り組む。
「宮崎観光『プラスONE』〜いつもの旅にプラスONE」をテーマに、新たな旅のスタイルとして〃分散型旅行〃を提案。ロングステイ(長期滞在)、ウイークデー(平日)旅行を強化、推進する。
プラスする内容では、遊び・体験メニューの充実や割引、レンタカーを利用した場合のキャッシュバック(返金)、飲食店と連携した地産地消キャンペーン、平日旅行の割引などを想定する。

【農政水産部】スマート農業等生産団地創出支援事業(2600万円)=周年栽培を可能にする本県初の「スマート農業大規模施設園芸ハウス団地」など、産地革新に向けた農業生産団地の創出を支援。計画を進める市町村への支援や、団地化構想を支えるスマート農業技術の実証に取り組む。
▽みやざき農の物流革新事業(900万円)=24年のトラックドライバー時間外労働上限規制も見据え、関係団体で構成する協議会の生産出荷予測と輸送の連動、パレット化(定形の混載輸送)や共同輸送などの輸送効率化を推進する。
▽2022年全国和牛能力共進会対策事業(4400万円)=第12回全国共進会(10月、鹿児島)での4大会連続内閣総理大臣賞獲得に向けた出品対策として、優秀な出品候補牛を確保するための保留・導入を進め、出品対策共進会(プレ全共)も実施する。

【教育委員会】チーム学校で子どもを支える教育相談体制推進事業(1億300万円)=スクールカウンセラーを、小学校は県内を11エリア、県立学校は8エリアに分けて派遣・配置し、中学校は83校に配置、42校に派遣。また、電話相談・訪問相談のカウンセラーを1人配置、深刻な事案に手厚く対応するスーパーバイザーも置く。
スクールソーシャルワーカーは各教育事務所などに計20人を配置。いじめ問題の解決に向けた支援チームの派遣や、電話やLINE(無料通信アプリ)の相談窓口、ネットトラブル防止に向けた研修会、目安箱、ネットパトロールの運用も充実させる。
▽元気・夢・将来応援プロジェクト事業(新型コロナ宮崎復興応援寄付金活用で2000万円)=元気・夢応援プロジェクトとして、高校生や特別支援学校の児童生徒らを対象に、オリンピアンや文化芸術の著名人などを招いたイベントを実施。将来応援プロジェクトでは県立高校の紹介など、子どもたちの進路選択に役立つ動画をYouTube(ユーチューブ)チャンネルで配信する。

その他の記事/過去の記事
page-top