【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

立派な自衛官目指して

本紙掲載日:2021-02-23
2面
記念品を受け取る内田さん(21日、日向市役所)

入隊者18人を激励−日向・東臼杵地区

 日向市と東臼杵郡地区の2020年度「自衛隊入隊者激励会」が21日、日向市役所であり、自衛隊や協力団体の関係者らが出席し、入隊する18人の門出を祝った。主催は県防衛協会日向市、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村の各支部。

 主催者を代表し、県防衛協会日向市支部長の十屋幸平市長が「厳しい訓練や任務の際は、使命感、誇り、希望、家族への感謝を思い出し、励んでもらいたい。『積小為大』の言葉を贈る。立派な自衛官を目指してほしい」とあいさつ。

 自衛隊宮崎地方協力本部日向地域事務所の野別光弘副所長が入隊者一人ひとりの名前と入隊先を紹介した後、岸信夫防衛大臣と河野俊嗣県知事からの激励のメッセージが放映された。

 宮崎地方協力本部の石原信也本部長は「国民から期待を寄せられている自衛隊の一員となることを誇りに入隊してほしい。訓練を通じて職務遂行の基礎を身に付け、日本の平和と独立、国民の生命と財産を守る立派な自衛官に成長されることを期待している」と呼び掛けた。

 同協会門川町支部長の安田修町長が、入隊者代表の内田玲也さん(18)=門川高校=に記念品を贈呈した。

 えびの駐屯地に配属される山瞬太さん(18)=富島高校=は「災害時や海外派遣で活躍する自衛隊を見て入隊を決めた。人に寄り添える自衛官になり国のために頑張りたい」と話した。

 入隊者は、3月末から県内や神奈川県、山口県の各駐屯地や基地へ移動し、入隊式後、自衛官としての一歩を歩み始める。

その他の記事/過去の記事
page-top