【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ケーブルメディアワイワイ開局30周年(2)

本紙掲載日:2021-04-01
7面

全社挙げて社会貢献

◆森づくり/防災・減災/地域イベントに協力/eスポーツ/飲食テイクアウト情報…

 企業理念の一つに「事業の健全な成長を図り、地域社会に貢献すること」を掲げ、全社を挙げて社会貢献活動に積極的に取り組んでいる。

 2009年4月、県が推進する「企業の森林づくり」の一環として、「ワイワイの森」植樹活動をスタートさせた。活動のテーマは、/絽擦凌垢鮗蕕蝓∪兇蕕な水を次世代に引き継ぐ⊆然災害(土砂崩れや大雨による河川の増水など)から地域住民を守るC狼絏甲伐修遼瓢澆帽弩イ垢襦米鷸晴獣坐任竜杣)。19年度までに延岡市北方町、五ケ瀬町、高千穂町、美郷町、日向市で合計24・4ヘクタールのフィールドに植樹している。

 地域の活性化と防災・減災を目的に13年12月、日向市と門川町の一部を放送エリアとするコミュニティFM局「エフエムひゅうが」(周波数76・7メガヘルツ)を開局。「町を元気にするラジオ」を基本コンセプトとし、24時間放送している。

 14年5月、延岡市の商店街活性化を目的に、町の中心部を歩行者天国にして「ワイワイグルメ博」を初開催。ご当地グルメのブースやステージイベントなどを設け、1日で約1万2千人の来場者があり、周辺の商店街もにぎわった。2年目からは延岡市の観光イベント「延岡花物語」の一環として城山公園で毎年開催。20、21年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となったが、これまでに桜のライトアップ「延岡花宵物語」や大型プロジェクションマッピングなどを同時開催し、多くの人出でにぎわった。

 大型プロジェクションマッピングは、19年11月から12月にかけて日向市駅前交流広場でも開催。ひょっとこが大波をサーフィンする様子や、DJ風にアレンジしたひょっとこ踊りを、日向商工会議所の建物壁面に投影した。

 20年2月にはeスポーツ、コスプレ、VRアート、メイドカフェなどのポップカルチャーを集めた「ワイワイポプカルフェス」を開催。県内外の多くの若者でにぎわった。その後も、eスポーツの取り組みは継続しており、同年10月には日本eスポーツ連合公認のプロeスポーツプレーヤー、oka(オカ)を迎え、eスポーツチーム「WaiWaiGAMINGCLUB」を発足。地域にわくわくと感動を還元し、新たなカルチャーをつくり出すべく活動している。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で長期休校となった小学生の支援策として、20年5月に教育支援番組「おうちdeスタディ」を放送。延岡市内の小学校教師が出演し、国語、算数、英会話、体育を放送した。また、緊急事態宣言で困窮する地元飲食店を支援する番組「テイクアウト情報」も放送した。


◆沿革
【1989年】
1月=「株式会社テレビネットワーク延岡」設立

【1990年】
9月=試験放送を開始

【1991年】
4月=開局。加入世帯数4600、チャンネル数18チャンネルでスタート

【1994年】
5月=加入世帯数1万突破

【1997年】
5月=「ゴールデンゲームズinのべおか」完全生中継開始

【2000年】
10月=インターネット接続サービス開始

【2002年】
4月=「株式会社ケーブルメディアワイワイ」に改名▽5月=加入世帯数2万突破▽7月=日向局開局

【2004年】
8月=加入世帯数3万突破

【2007年】
2月=延岡市北方町放送開始▽4月=同市北浦町放送開始

【2008年】
4月=延岡市北川町・島浦町放送開始▽6月=フリーペーパー「W+ing」創刊

【2009年】
3月=北方町、五ケ瀬町で植樹活動開始▽7月=高校野球県予選生中継開始

【2011年】
2月=美郷町で放送開始▽3月=無線インターネット「ワイワイWiMAX」サービス開始▽4月=高千穂町、日之影町で放送開始

【2013年】
9月=日向市東郷町で放送開始▽12月=「エフエムひゅうが」開局

【2014年】
5月=「ワイワイグルメ博」開催(延岡市中町シンボルロード)。2年目から延岡花物語の一環として城山で開催

【2015年】
2月=FTTH「ワイワイひかり」サービス開始▽3月=「ワイワイケーブルモバイル」サービス開始▽12月=「ケーブル4K」放送開始

【2016年】
2月=「ケーブルWi―Fi」サービス開始

【2017年】
5月=「ワイワイでんき」サービス開始

【2019年】
3月=延岡城跡にて県北初の大型プロジェクションマッピング上映▽4月=バーチャルキャスター「Alice」新入社員採用(ケーブルテレビ初)

【2020年】
2月=eスポーツ関連イベント「ワイワイポプカルフェス」開催▽6月=川南町・都農町サービス開始▽9月=自主制作番組「切れた堤防」が日本ケーブルテレビ大賞番組アワードでグランプリ(総務大臣賞)受賞▽10月=eスポーツチーム「WaiWaiGAMINGCLUB」を発足

【2021年】
1月=総務省の「放送コンテンツ海外展開強化事業」に採択。県北で撮影した番組をタイのテレビ局で放送

その他の記事/過去の記事
page-top