【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門川町消防団第1分団第3部に新機庫

本紙掲載日:2021-04-05
2面
新しい機庫の配備式に出席した皆さん(3月30日、門川町川内)=撮影時のみマスクを外しています

移転新築地域の防災力向上へ

 門川町消防団第1分団第3部(大山剛部長、部員13人)の機庫が完成し、同町川内の現地で3月30日、配備式が行われた。関係者約30人が出席、地域防災への決意を新たにした。

 同部は、町西部の大内原、小松、大丸地区を管轄。機庫はこれまで小松地区にあったが、台風や大雨でたびたび浸水被害に遭うなど消防団活動への影響が懸念されていたことから、管轄区域内で適地を検討、民有地を購入して移転新築された。

 新しい機庫は敷地面積約720平方メートル。木造2階建てで、延べ床面積約70平方メートル。1階は消防車両の車庫など、2階は団員の詰め所となっている。総事業費は約2800万円。

 配備式には、安田修町長、金丸隆康副町長、町消防団の江川武光団長をはじめ、同部の団員や地域の人たちが出席。地元の順正寺の柴田智順住職による落慶法要が営まれた。

 続く式典では、安田町長が大山部長に交付書を手渡し、「今後ますます、地域防災力の向上と消防団活動の充実が図られるよう祈念する」と述べた。

 江川団長は「広い敷地で素晴らしい消防機庫が出来上がった。大いに活用し訓練に励み、第3部の伝統を築いていく。団員一丸となり頑張りたい」と謝辞。地元の区長を代表して岩礼二区長が「少数だが、部員が一致団結し、住民の期待に応え、安全を守れるよう努力してほしい」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top