【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日之影町・新庁舎が落成

本紙掲載日:2021-04-14
3面
5月6日に開庁する日之影町役場の新庁舎(14日午前)
テープカットやくす玉開披で新庁舎の落成を祝う出席者(14日午前)

14日、記念式典・宮水地区に移転

◆3階建ての複合施設・図書館、ホールなども

 日之影町七折・宮水の町立病院近くで建設が進められていた日之影町役場の新庁舎落成記念式典が14日、現地であり、地域の人らが完成を祝った。

 現在の町役場は1956年の建設。老朽化し、現行の耐震基準を満たさないことなどから宮水地区の町有地への移転が決定。2019年11月から工事が始まり、今年1月末に庁舎本体が完成した。

 新庁舎は地上3階建ての鉄筋コンクリート造りで延べ床面積は3918平方メートル。キッズスペースを備えて約2万冊所蔵可能な図書館、256席設置可能な町民ホール、和室など、生涯学習や文化交流ができる複合施設。内装には町産材のスギ、ヒノキ計50立方メートルを使用した。庁舎本体の総工事費は約21億2900万円。

 落成式には町の行政、議会関係者や住民代表ら約100人が出席。新型コロナウイルス感染症予防対策のため、出席者数を減らし、出席者は手指消毒、検温を実施して開かれた。

 式典前には、新庁舎前で佐藤貢町長らによるテープカットやくす玉開披があり、宮水神楽保存会の先導で出席者が新庁舎に入った。

 町民ホールで式典があり、佐藤町長は「より一層質の高い町民サービスの実現を目指し、全職員一丸となって町政運営に全力で取り組む」。一水輝明町議会議長が「業務、行政の効率化に向けて職責を果たし、さらに飛躍するきっかけの記念となるよう努めていく」とあいさつした。

 町によると、現庁舎での業務は4月30日まで行い、5月6日から新庁舎での業務を開始予定。15日から21日まで、町内在住者を対象した内覧会を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top