【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ありがとう旧庁舎−30日、最後の業務

本紙掲載日:2021-05-01
1面
旧庁舎での業務最終日に記念撮影に納まる職員ら

門川町庁舎と記念撮影

◆懸垂幕掲げ別れ惜しむ

 門川町役場が同町平城東の高台に移転し6日に開庁するのを前に、同町本町の旧庁舎での業務最終日となった30日、250人の職員らが庁舎との別れを惜しんだ。

 旧庁舎は1968年11月の建設で、52年間の長きにわたり、町政の中枢として町勢発展を支え続けてきた。庁舎には、「長い間ありがとうございました」の懸垂幕が掲げられた。

 最終日の業務終了が迫った午後5時すぎ、安田修町長、金丸隆康副町長、新原とも子教育長をはじめ、職員らが庁舎前や3階ベランダ、屋上などに集まり、記念写真の撮影やドローンによる動画撮影が行われた。職員らは、旧庁舎への感謝を込め、庁舎を周回するように上空を飛行するドローンに手を振った。

 安田町長は「(旧庁舎は)半世紀以上にわたり、町政の心臓部としてその役目を果たしてくれた。衷心より、ありがとうございましたと、感謝の念でいっぱい」と感慨深げに語った。

 同町は庁舎跡地や建物の有効的な利用方法を検討するため、町内各団体の代表者や公募委員など21人から成る庁舎跡地利用検討委員会を設置し、安田町長が「庁舎跡地および建物利用の基本的な方向性と基本構想、建物利用の具体的な計画、基本計画」についての審議を諮問。今後は、同検討委の答申を待って、具体的な跡地利用について検討することにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top