【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

九保大でワークカフェ

本紙掲載日:2021-05-06
6面
オンラインで地元企業の担当者の話を聞く学生たち(九州保健福祉大学食堂)

地元企業の魅力伝える

 コーヒーを飲みながらリラックスした雰囲気の中、大学生に地元企業の魅力などを伝えるワークカフェが4月24日、延岡市吉野町の九州保健福祉大学(兒玉修学長)で開かれた。市と同大の主催。企業の担当者が就職説明会では伝えきれない仕事のやりがいなどを学生に語った。

 2018年から年1、2回開いている。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今年は医療法人や社会福祉法人などの12社と、全学科全学年に呼び掛けて集まった学生29人をオンラインでつなぎ実施された。

 企業の担当者はそれぞれの事業所から、学生は同大や自宅から参加。担当者が職場の雰囲気や仕事の内容について説明した他、学生からは「学生のうちから頑張っておくと良いことはあるか」「どういうときにやりがいを感じるか」などの質問が投げ掛けられた。

 このうち同大の食堂に設けられた会場では、学生たちにコーヒーやサンドイッチが振る舞われ、1人1台ずつノートパソコンに向かい、イヤホンやヘッドホンを着けて参加した。画面越しに会話が弾み、笑い声が聞こえる場面もあった。

 薬学部薬学科3年の濱田真未さん(20)=鹿児島県出身=は「病院薬剤師と薬局薬剤師、どちらの仕事も聞いてみたくて参加しました。これから意識して勉強しておくと良い分野や、人と関わる力の大切さなど、とても参考になりました」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top