【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アウトリーチアーティストに合格

本紙掲載日:2021-05-21
7面
県立芸術劇場アウトリーチ事業の登録アーティスト第6期生に選ばれたクラリネット奏者・小坂厚子さん

クラリネット奏者・小坂さん(延岡)

◆「『えっ』と驚く顔見たい」

 延岡市稲葉崎町在住のクラリネット奏者・小坂厚子さん(27)がこのほど、県立芸術劇場アウトリーチ事業の登録アーティスト第6期生に選ばれた。活動期間は来年度までの2年間。「聞く人の『えっ』と驚く顔を見たい。不安よりも楽しみのほうが大きい」と笑顔を見せる。

 アウトリーチ事業は2011年度から始まり、オーディションに合格した県内出身・在住の演奏家を県内の幼稚園、保育園、学校、福祉施設などに派遣し音楽を届けている。演奏家は登録アーティストとして1期2年間活動し、小坂さんは県北からは4人目、同市からは初の登録アーティストとなった。

 小学4年から東海小吹奏楽部でクラリネットを吹き始め、東海中、延岡星雲高でも吹奏楽部に所属。エリザベト音楽大学(広島市)に進学し、音楽学部管弦打楽器専攻で4年間学んだ。

 卒業後は仏パリへ1年間音楽留学し、帰郷。現在は事務職として働きながら、延岡フィルハーモーニー管弦楽団(延フィル)や、延岡市を拠点とする音楽家グループ・アドヴァンスに所属する。

 「学生時代はソロ演奏へのこだわりや『クラシックはこうでなければならない』という思い込みが強かった」と小坂さん。「自分の楽器以外、あまり興味がなかった」という。

 延フィルやアドヴァンスで活動するうち、さまざまな楽器、さまざまな世代の音楽仲間と出会い「音楽以外の経験が演奏に生かされることもあるということに気が付いた」。

 「もう少し肩の力を抜いて、物事を平たく捉え、自分の視野を広げないといけない」と感じるようになり、昨年11月、第6期生のオーディションに挑戦。1次審査(書類、録音)に続いて、今年2月の2次審査(実技)を突破し、見事合格した。

 実は小坂さん、「聞いてくれる人が『えっ』と驚く顔を、演奏しながら見てみたい」という、ひそかな思いを抱いている。

 16日に行われた延フィルの賛助会員限定のミニコンサートでは、木管三重奏の曲目に日本人作曲家・八木澤教司さんの「花の香る季節に〜3つの木管楽器のために」「トリプルあいす供廚鯆鶲討掘⊆身も出演して演奏した。「クラシックはベートーベンやモーツァルトだけじゃないことを知ってもらいたかった」という。

 登録アーティストとして最初のアウトリーチは来月25日、都農町の都農東小学校で予定されている。同事業アドバイザーの桐原直子さんからは「曲のレパートリーを増やしてください」とアドバイスを受けた。増やすことでアーティスト自身、いろいろな音楽を知り、いろいろな音楽を演奏できるようになり「それが、その後の音楽人生を豊かにしてくれる」と、背中を押されたという。

 コロナ禍ではあるが「不安よりも今はやりたいことがありすぎて、楽しみのほうが大きい」と小坂さん。ジャズの要素が入ったクラシック音楽や、アメリカなどヨーロッパ以外の大陸の作曲家の曲に挑戦してみたいという。

 「まずはアウトリーチを楽しみたい。そして1、2年後を目標に、小さなアットホームな自分のリサイタルを開きたい」と目を輝かせる。

 第6期生には小坂さんの他、ピアノ奏者の緒方真樹子さん(宮崎市在住)が選ばれている。

その他の記事/過去の記事
page-top