【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コノハナロードにコットン

本紙掲載日:2021-06-09
3面
苗を植え付ける生徒ら(西階中学校)

市民応援隊植え付け祭−延岡

◆西階中1年生が参加

 コノハナロード延岡市民応援隊(松田庄司理事長)主催のコットン植え付け祭が7日、同市五ケ瀬川右岸野地堤防線の通称コノハナロードであり、西階中学校(城戸勇司校長、312人)の1年生約90人が自分たちで育てたコットン・綿の苗木約200ポットを手植えした。

 1年生は現在、「地域を知ろう」のテーマで総合的学習に取り組んでおり、今回はその一環で参加。理科や家庭科など、各教科を関連付けて学ぶ目的も兼ね、城戸校長の要望で実現した。

 この日は同隊の会員24人も参加。作業を前にリーダーの武田弘子さん(80)が、「私たち会員と一緒に活動することで、地域貢献を体験してください」とあいさつし、植え方を説明した。

 生徒は育てた苗を約50センチ間隔で丁寧に植え付け、倒れず成長するよう竹の支柱にくくりつけた。同隊が植える分も手伝い、花壇約130メートルにわたって計約1200ポットを手植えした。

 参加した中村陽音さんは「地域の人たちと協力して取り組むことができ、貴重な体験だった」、図師唯夏さんは「心配だったけどうまく植えられて良かった。成長を楽しみにしたい」と話した。

 同隊の松田理事長(78)は、「記憶に残る体験を通じて地域愛を育んでほしい。延岡に住みたいと思ってくれる子どもが増えるといいですね」と期待していた。

その他の記事/過去の記事
page-top